6ヶ月でWebデザイナーになった私が教える3ステップ独学勉強法

私はWebデザイナーを目指し独学でグラフィックデザインとコーディングを学びました。28歳でWebデザイナーを目指し始めたため、学校へ通う時間などありませんでしたからね。

そんな私が28歳でフリーター、深夜のバイトをしながら、昼間に行っていた勉強のやり方をシェアします。

ちなみに私がWebデザイナーを目指し始めたのが2006年と10年以上前のことですが、今回紹介する勉強法は普遍的なものですので参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

人の時間を奪う人「時間ドロボー」へ効果的な2つの対処法

Fotolia 62427696 XS

「ちょっと来ていただけますか?」「とりあえず会って打ち合わせをしましょう。」などと、気軽に呼びつける人が世の中にはいます。

その人に会うために1時間以上かけたのに、いざ話をしてみると5分で済むような内容だった・・こうした苦い経験を、未熟だったかつての私は何度も味わいました。

「断りたいけど、無下にできないしどうしよう・・?」と悩んで会うはめになってしまったり、相手のペースに持って行かれ会うはめになってしまうことで、自分の貴重な時間を無駄にしてしまいます。

本日は、人の時間を奪う人「時間ドロボー」について記事を書きます。

続きを読む

幸せの定義とは?幸福になるために知っておきたいたった1つのこと

「幸せの定義とは、貢献感である。」と、この単純な定義が、書籍「嫌われない勇気」の中で断定的に書かれていた。

幸せとはなんだろう?どんな時に幸せを感じるだろう?こうした疑問は多くの人が持っているのではないだろうか?

本日はこの幸せ(幸福)の定義について記事を書いていこうと思う。

続きを読む

たった1日で悩みを払拭!引きこもりの原因は親や病気のせいではない

引きこもっている本人に「仕事をしなさい」「学校へいきなさい」と言うのは間違ったやり方です。

引きこもっている本人は「不安だから、外に出られない」のではなく、実は「外に出たくないから、不安という感情を作り出している」のです。

これは「目的論」というもので、アドラー心理学の内容です。

「目的論」を理解すれば、引きこもりで悩む人も、引きこもりのお子さんを持つ親御さんも、たった1日でその悩みを払拭させ、適切な考えと行動に変えることができるでしょう。

続きを読む

【書評】荒木飛呂彦の漫画術。マンガの基本四大要素をマーケティングに取り入れる

先日ミーティングの際、自分たちの会社やサービスを今後どのように見せ、どのように伝えるかについて話し合いました。

その時にWordPressエンジニアから「新規の方には、サイトをもう少し受動的に見てもらい、問い合わせにつなげたい」そのために「漫画などで分かりやすくさせたプロフィールサイトが欲しい」との意見が挙がったため、それについて深堀して考えていました。

続きを読む

「裏」を見る。「裏」を読む。

 

Ura

 

僕の大好きな「裏」。もちろんみんなも「裏」って言葉が大好きだと思けど、僕が裏を見る、裏を読む、について普段から心がけていることがあるのでシェア。

 

自分で商売をやってると誰しも「稼ぎたい」って欲求があると思うが、その「稼ぎたい」気持ちから、あなたはどんな行動に出るか?

 

その道で有名な◯◯さんの

  • ブログを読む
  • メールマガジンを読む
  • 本を買う
  • セミナーに行く
  • ノウハウ系の商材を買う
  • 高額な講座などを受ける

 

本を買う程度ならばコストパフォーマンスは高いと思うが、高額な講座を受けたり、教材・ノウハウを買う、などという行為は本当にお金の無駄だと思っている。

というものの僕も過去に30万円くらいの教材を購入したことがあり、買ってよかったと思うものもあれば、お金の無駄だったというものもある。

 

こんな失敗もする中で、僕がコストパフォーマンスが高いと思うことは、スゴイ人の裏側を見て、読んで、分析することだ。

  • その人はどんな過去があり、スゴイ人までに至ったか。
  • その人はどんなキャラクターを演じているのか?
  • その人はどんな世界観を作り上げているのか?
  • その人はどんな集客方法を行っているのか?
  • その人はどこにどんな広告を出しているのか?
  • その広告はどんなキャッチコピーと内容になっているのか?
  • その人はどんなブログを書いているのか?メルマガを書いているのか?
  • その文章はどんな構成になっているのか?

こんな風に「裏」を読むようになってから、セミナーや分けのわからないパーティーなどの無駄な集まりに一切行かなくなった。理由はお金と時間の無駄だから。

ちなみに人と繋がることを目的とするのならば良いと思う。まぁ最もコストパフォーマンスが高いのは、お金を払ってなにかに参加するなどではなく、直接会いに行き、仲良くなって、弟子になって学ぶ事だと思うが。

 

みんな大好きな「裏」の世界。

稼ぎたいと欲求があるならば、スゴイ人、成功者の裏側を見て、裏側を読んで、分析してはどうだろうか?

 

<P.S.>

 

僕が信用するスゴイ人、成功者は、その裏側を見せてくれる人。語ってくれる人だ。

裏側を語らないということは、魔法をかけられているようなもの。魔法にかかっていては、いつまでたっても搾取される側からは脱せないと思う。

Webマーケティングに必要な要素「楽しませる気持ち」

 

DSC00751

 

書店で気になって買った「こころのふしぎ なぜ?どうして?」という児童向けの本。

その中でP82,83に掲載されていた「もっと友だちがたくさんほしい!」というテーマについての記事が、僕のこころに刺さったので紹介。

 

本での解説

 友だちになるために大切なことは、「自分といっしょにいると楽しい」とあいてに思ってもらうこと。
 ここでしょうかいする「3つのふくろ」をもっていれば、たいていの人は楽しい気もちになってくれるので、がんばって手に入れましょう!

とある。

そしてその「3つのふくろ」とは、

  1. あいさつ
  2. じょうほう
  3. わらい

と書かれている。

僕はこの「楽しませる」ということがWebマーケティング活動には、ひじょうに大切なことだと気づいた。

どういうことかと言うと、僕は昨年の9月から情報配信について研究しはじめたが、僕の中で情報配信はイコール「コンテンツ制作」「ライティング」だ。そしてそれらはWebマーケティング活動の一環として行っていること。

コンテンツSEOとか自社のメディア化とかなんとかかんとかって巷で言っているが、人気のコンテンツをよくよく見ると、あいてを「楽しませている」ではないか!

ブログ、メルマガ、SNS、動画サイト等々の情報配信・コンテンツ制作=マーケティング活動において「楽しませる」という点に意識を持っていくと、見えてくるもの、気づきがあったのでシェアさせていただいた。

あいてをしぜんと楽しい気持ちにさせる3つのふくろ

  1. あいさつ
  2. じょうほう
  3. わらい

僕は仕事柄、Webマーケティングに置き換えてしまったが、リアルな世界で「もっと友だちがたくさんほしい!」という欲求があった場合、当たり前のことなんだけど忘れがちなこの3つのふくろを忘れないようにしようと思う。

アクセス解析の分析から見込み客やファンを作る考え方

 

Fotolia 50475426 XS

僕は毎月アクセス数やコンバージョン率といったものをデータとして残し、分析し、対策や戦略を練っています。

 

具体的には

  • セッション数
  • ユニークユーザー数
  • ページビュー数
  • 問い合わせ数=リスト
  • 事例集のダウンロード数=リスト

のデータを記録し、コンバージョン率を計算しています。

 

なんとなくアクセス数を見ているだけの方は、是非こうした数値をデータとして記録してみてください。
その理由は数字を見ることで現状を把握し、実感することが非常に重要だからです。

 

上記の数値は主のビジネスサイトですが、個人的なブログにもそろそろテコ入れしようと思い、各数値を記録し始めました。(アクセス解析より過去にさかのぼり数値は記録できますが)

このテコ入れについてですが、実際に数値を記録し始めたものは

  • セッション数
  • ユニークユーザー数
  • ページビュー数

いわゆる反応装置はないため、コンバージョン率が測れない状況なのです。

 

いままでメールアドレスと引き換えになるコンテンツ(プレゼント)などは用意していませんでしたが、今後はメールアドレスと引き換えても良いと思われるようなコンテンツを作り、反応率を調べていこうという魂胆なのです。

そしてその先にはもしかしたらビジネス化ということも視野に入れていますが、あくまで個人の趣味ブログなので慎重に行っていこうと思っています。

 

もしもなんとなくアクセス解析を見ているだけ、もしくはコンバージョンというものを全く意識していないのであれば、アクセス解析の数値を記録してみてください。

「あれ?コンバージョン率を測るもなにも、コンバージョンさせるポイントがないぞ・・」
「それならば見込み客のメールアドレスを集めるために交換するコンテンツ(プレゼント)を作ろう!」

そんな流れが良いと思います。

ただ注意するべきは、メールアドレスと引き換えても良いと思ってもらえるコンテンツ(プレゼント) については十分考える必要があると思います。

そして集めたリストに対しては定期的にメルマガを発行し、有益な情報を届けてあげるなど日々の努力も怠ってはいけません。

新規顧客数とリピーター数の把握の仕方

Fotolia 62414606 XS

 

経営者の仕事として売上に繋がる様々な数字を把握し分析し対策し、考え行動する。という仕事があるが、僕らの新規顧客数とリピーター数の把握の仕方は、それぞれにフォームを用意して数を把握している。

 

細かく説明すると、まず

  • 新規発注フォーム
  • リピート発注フォーム

という2つのフォームから、担当が顧客から発注を受けたら、僕のところにメールが届くようになっているのだ。

 

そしてそれぞれのフォームには下記のような属性を設け、売掛金の数字、着手金の入金日、振込名なども同時に把握できるようにしている。

  • 御社名
  • 担当者名
  • 担当者メールアドレス
  • 連絡の取れる電話番号
  • 発注金額
  • 追加金額
  • 着手金の有無
  • 着手金の入金予定日
  • 入金の口座名

発注の日付はメールが送られた日なので特に記入項目はなし。
これを月初に行う月間決算、各数字の分析等の仕事の際に、Gmailの期間検索を行い、新規顧客の数とリピーターの数、リピート率、売掛金の合計金額などを計算していく。

ちなみに分析や確認などはGoogleドライブにて行い、共有。ミーティングの際は僕が実際に印刷し、各自が手にとって分かるようにもする。

 

エステサロンや美容室、小物の販売(EC)などと比べれば、顧客の数も当然ながら少ないが、こうした効率化は大事だと僕は考えている。

経営者が気にするのは結果(売上)だと思うが、そこにつながるそれぞれの数字をしっかりとデータとして残し、分析することは言うまでもなく大事なこと。
売上が上がらない・・どうしよう・・と売上の数字だけにフォーカスするのではなく、売上に繋がるそれぞれの数字(アクセス数、問い合わせ数、コンバージョン率、リピート率などなど)を上げることを考え、上げるために行動するという地道な作業を行っていくことこそが経営者の仕事だと僕は考えています。

 

ではその行動とは?と疑問に思う方に具体例を挙げると、

  • アクセス数を上げるためにネット広告を出す。
  • 新規顧客数を上げるために、チラシやパンフレットを配る、飛び込みの営業をする。
  • 問い合わせ数を上げるためにページの最適化を行う。(LPOやSEO)
  • リピート数を上げるためにニュースレターを企画し発行する。

こうした行動は、考えあってのものなので、数字と向き合い考えることが大事になるだろう。

 

「私はこう考える。だからこう行動する。」当たり前だが、僕はこれを常に心がけているため、考えることが主な仕事だと自分で思っている。考えることには時間がかかるが、やることが見えれば(行動レベルに落とし込めれば)後はやるだけなので簡単だ。という僕の持論だ。

片付け&整理整頓スキルを上げよう

Fotolia 60383623 XS

 

あなたは片付けや整理整頓が「好き」だろうか?
そしてそれに伴う行動としての掃除は「好き」だろうか?

 

ちなみに僕は片付けや整理整頓が「好き」という一面があります。

日々の整理整頓はもちろんですが、どこか旅行へ出掛けるときも、趣味のバス釣りに行くときも、帰ってきたその日に片付けをしないと気が済まないのです。

ワクワクしながら準備をし、帰ってきてから片付け&整理整頓をして自己満足をして終わる。そんな感じです。

 

そしてこの片付けや整理整頓を行う時に掃除をする。

僕の朝は、身の回りのほこりをハンディモップでサラッと取り、床を軽くモップ掛けして始まります。身の回りが綺麗になっていないと落ち着かなく、仕事にもならないから。

朝から軽く動くことでこころもリフレッシュされるしオススメ。

 

と、前置きが長くなりましたが仕事、また普段の生活において、結局全て片付け&整理整頓で成り立っていると僕は考えています。

  • 仕事を片付ける
  • 問題を片付ける
  • 部屋を片付ける
  • 家事を片付ける

日々ひとつずつを片付けて行き、その日の片付けが綺麗に終わり充実して気持ちよく帰宅し、気持ちよく過ごして、気持ちよく睡眠を取り、一日が終わって行く。

 

だから僕は朝に掃除をしたり(行動)、片付けや整理整頓が好きになっていったのだと思います。

 

片付けや整理整頓が苦手な人はどうすればいいの?

以前友人にこんな質問を受けた事があるので僕なりの回答をするならば、

  • 定期的に物を処分する(捨てる・売る)
    ※処分できない人へ、一日一個物を捨てる習慣を付ける。買った時の金額を考えるのをやめる。
    ※想い出の詰まった物を捨てる時は、その想い出に感謝して捨てる。 
  • 物でクローゼットや棚をパンパンにするのではなく、新しい物が入ってこれるようにスペースを空けておく(物を循環させる=お金を循環させるという思考)
  • 片付けや整理整頓した後の気持ち良さ、快感を味わう(体感する)

 

これらはプライベートな事柄ですが、プライベートでの片付け&整理整頓スキルが上がれば、確実に仕事の効率も上がると思います。

 

分かっててもできない人はどうすればいいの?

こうした人もたくさん居ると思いますが、最終的には自分次第。他人に頼って片付けや整理整頓をしようと考えていても何も変わりません。

たまにテレビで芸能人の片付け代行とかってやってますけど、結構な割合で元のゴミ屋敷に戻ってしまうケースを見た事がありますが、アレも結局その時に片付けを代行してもらっただけで、本人は変われなかったということが分かると思います。

散らかっていても死ぬ訳じゃないしと思えば、片付けなんてしないでしょう。

しかし片付けや整理整頓スキルが上がると、自分自身が変わっていくので、周囲で色々な良いことが増えると僕は本気で思ってます。

身体の調子が良くなった!
友人や知人に表情が明るくなったねと言われるようになった!
親に褒められた!
会社の上司に褒められた!昇格した! 

あとは彼女ができた!とかね(笑)

 

片付け&整理整頓スキルを高めれば、人生変わる!本気でそんな風に思ってます。