アニメ「キングダム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

最近ビジネス書をほぼ読まなくなり、その代わりアニメを見るようになりました。一見単に楽しんでるだけと思われそうですが、アニメを楽しむのとは別の角度から見て、分析し、ビジネスに活かすということをしているのです。

 

そんな中いくつかアニメを借りてみているのですが、先日からハマり一気に第一部を見終わってしまった「キングダム」。簡単に言うと戦国を舞台にしたアニメです。

 

僕がアニメを見てまず研究するポイントは世界観とキャラクター設定です。特に第一話目でははじめて見た人の心を鷲掴みにしなければならない最重要ポイントです。その最重要ポイントを見た時に自分はどう感じるか?著者はどう見せているか?そんなポイントを気にしながら第一話目を見ています。

 

そしてこのキングダムでは下僕だった少年が大将軍を目指し活躍していくというストーリー。もちろんストーリーの中では様々なタイプの将軍や隊長、仲間・敵などが出てきます。

 

将軍は戦を勝たせるために、戦略を練り、各部隊を束ね動かします。まさにそれらは経営に活かせることばかりなのです。

 

戦に勝つための戦略。

仲間の士気を高めるために取る行動や言葉。

仲間の心を揺さぶり、仲間を動かすための行動や言葉。

 

ここには書ききれないことばかりですが、自らが先陣を切って誰よりも先に勇気を持って行動するという強いリーダーシップなどには心を動かされます。

 

そしてアニメを見る中で自分自身の感情が動いた時に、「なぜ感情が動いたのか?」こうしたことを気にしながら、そして脳に記憶させながらアニメを見るようにしています。

 

僕にとってアニメは、多角的見ることで、単に楽しむ他に学びも得られるといった、まさに一石二鳥になっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*