儲かったら山分けだぁー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

僕はビジネスで稼げた利益は仲間と山分けすることが基本だと思っています。山分けなどという言葉を使うと語弊があるかもしれませんが分かりやすいのであえて使います。

 

最近ハマっているアニメ「キングダム」の主人公が歩兵100人を連れて、敵大将の首を獲るというシーン。
主人公の信は「手柄は俺がもらうが、褒美は山分けだぁー!」と叫び、仲間の士気を高め、信頼を獲得するといった台詞とシーンは印象的でした。

※アニメは最近たまたまハマっているもので恐縮です。

 

誰よりも先に勇気を持って行動し、先陣を切る姿はまさに勇者であり、リーダーです。リーダーは引き連れる部下や仲間の士気を高め、信頼を得て、結果的に得た利益は皆で分かち合うのです。

 

僕はビジネスで仲間と共に得れた利益は山分けを基本に考え、そこから各自の作業の分量を決めていけば良いと思っています。誰がどれだけ働いたとかではなく、まずは山分けから考えて、作業の分量をバランスよく取っていくというスタイルです。

 

こうした考えは人によっては理解してもらえない場合があります。例えばAさんは「俺はこんなに手を動かしているのに、折半は気に入らない」とかね

ただよく考えてみてください。頭を使っているのは誰か?リスクを背負っているのは誰か?

自分ばかり・・と考えるのであれば、自分の負担を軽減させるための提案を仲間内で行いましょう。それについて意見が通らないようであれば、その人間と組むのは非常に危険ですのでやめたほうがよいと思います。

 

それぞれの役割の元、成功したら山分け!ざっくり聞こえながらも、繊細。

そんなのが僕は好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*