売物となる商品を分かりやすく専門特化させることで、売上アップを計る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

僕はマーケティング的な観点から、売物となる商品(物・情報・サービス)を分かりやすく専門特化させることで、売上アップを計ることをしています。

 

こういった話しはマーケティングを理解している経営者の方であればスタンダードなことかもしれませんが、あえて説明します。

 

例えば、あなたがマーケティングをコンサルティングサービスとして、顧客に提供しているとした場合、以下のように絞り込んでいき、専門特化させていきます。

マーケティング → 動画マーケティング → YouTubeマーケティング

そして「私はYouTubeマーケティングの専門家です。」と名乗れば、初対面の方に対しても「何をしている人」か分かってもらえますよね?

 

僕たちもこうした絞込み、専門特化を行い売上アップを計りました。
僕たちの場合では、 

Web制作 → CMS構築 → WordPress構築

といった具合です。(広告代理系のサービスを捨て、デザイン系は裏メニュー、表に見せないようにしました。)

 

ちなみになぜWordPressかというと、エンジニアがWordPressに詳しく、かつ使いやすい、開発しやすいと豪語していたからという単純な理由です。

 

このように商品を絞込み、専門特化させることで、売上が下がってしまうのではないか?そんな疑問を持つ方も居ると思いますが、そうした疑問に対して僕的に回答するならば、先にも述べた「何をしている会社(人)」なのかが分かりやすくなることで、他社との差別化にもなります。これが理由第一。

 

そして商品の絞込み、専門特化させると共に、ターゲットも絞り込んでいきます。僕たちの例で言うと、ターゲットは制作会社です。実際には制作会社以外の一般企業の顧客も多いですが、リテラシーの高い顧客ばかりですので、初心者との対応コストなどを全てカットできているのです。これが第二の理由です。

 

大きくこのふたつの効果により、売上アップを計っています。計算上、売上は下がっても、利益が上がるという場合もあるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*