奇妙な相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

先日スタッフIくんから「納品後に外注さんから怒りのメールがきたんですが、どうしたらいいんですか?」みたいな相談を受けた。

 

はじめちょっと意味が分からなかったが、まとめると

  • 外注さんに仕事を依頼。その際、追加で細かい作業が発生したので、対応してもらった。
  • 追加の作業分はもちろんオプションで請求してくださいと伝えた。
  • 納品後、数日が経って、外注さんから「御社にあの時追加の作業をさせられて迷惑した。必ずはじめに作業の内容をまとめてくれ!」と怒りのメールがきた。

 

普通に考えてあり得ない内容のメールだ。

 

この外注さんとは何度も仕事をしているということもあり、相談してきたIくんも怒るというより戸惑っていて、どうしたらよいか分からずに僕に相談してきた様子。

 

これらを踏まえると、外注さんも仕事で相当パンパンになり、キャパを超えてしまっていて、精神的に不安定になっていたのではないかと思うのです。(だからといって今回のようなことはNGだが・・)

 

僕がサラリーマン時代に、外注さんにストレスを溜めていた人が無意識にメールに愚痴を書いて、無意識に送信してしまい、間違って本人に送ってしまった。というちょっとした事件が起こった。

 

人間ストレスが溜まると、無意識に行動してしまうところがあるのだと、この時、ストレスの脅威みたいなものを肌で感じた瞬間だった。

 

また今回の外注さんの人間のタイプでいくと、普段は本心を言えないタイプで溜め込んで溜め込んで最終的に爆発してしまうタイプなんだと思う。過去にそういった人が居て、かなりビビったことがあったので。笑

 

と、こんな感じで分析し、Iくんに伝えると整理が付いたようで、そのまま電話を切った。後日相手にメールは送れていないようだが・・

 

3月一杯で一区切りという会社は多いと思うし、かつ今年は4月から増税というタイミングで、僕等も仕事の相談が非常に多い月となっている。こういった忙しい時期は混乱により自分を見失ってしまうことがあるのかもしれませんね。自分のキャパを超えるとストレスはもちろん溜まりますし、我慢していると精神的な病に繋がってしまうケースもあると思うので、「勿体ない」という気持ちを捨てて、「諦める」仕事のスタイルを取っていくべきだと感じた一件でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*