小さな会社の経理に役立つ本②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!

 

小さな会社の経理に役立つ本としてリファレンス的に保存してあるのがこの本です。本屋でパラパラと見ていて、B/Sの読み方などが比較的分かりやすく載っていたので購入しました。

 

会社経営を支える3つのシステムとして「お金・会計・税金」と述べていますが、全くその通りですよね。小さな会社の経営者は経営やお金を好きだし得意でも会計や税金となると難しそうだとか、経理担当者や税理士・会計士さんに任せているからなどの理由で疎かにしてしまいがち。

 

この3つのシステムがうまく連携し、バランスを保てていないと、うまく回っていかないと思います。

 

小さな会社では経理担当者がいない場合も多いでしょう。僕の会社にも経理担当者はおらず、僕が管理しています。(帳簿などはアウトソーシング、また会計は税理士・会計士さんにお願いしていますが)

 

会計は税理士・会計士さんに任せていますが、経営者自らも数字について、会計については知識を付ける必要があるでしょう。僕が強くそう思ったのは、お願いしている税理士・会計士さんに相談をしても、僕が日々本を読み知っているようなことばかりしかアドバイスしてくれません。

 

一見、サービスが悪いようにも感じてしまいますが、特別どうのとは思っていません。むしろ経営に大きく関わることですので、自分自身が知識を付けて、仕組みを理解して対策を打つなどができなかればダメだと思います。

 

ここでは本の一部にフォーカスした記事になってしまいましたが、小さな会社の経理に役立つ本として社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!をオススメいたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*