小さな会社は商品を専門特化させなければ顧客のためにならない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

小さな会社は商品(物・サービス)を専門特化させなければ顧客のためにならないと僕は考えています。

 

僕の会社は僕とエンジニアの二人という小さな会社ですが、WordPressの構築というサービスだけに専門特化するようにしました。

 

この絞り込む前は新しいことを思い付いたり、新しい情報を仕入れたときには、「会社として新しいサービスにしよう!」そんな風に考えていましたが、今はそうは思わなくなりました。

 

稀に僕等がメインで集客しているウェブサイトを見て問い合わせてきた方が、裏読みをし「実際に集客できている御社にWebマーケティング・広告代理的なことまで行って欲しい」との要望がありますが、僕はこれらを全てお断りしています。

 

理由はプロではないからです。

 

確かに僕等はウェブを使い集客を成功させていると自信を持って言えますが、それをサービスにしているプロではありません。WebマーケティングならWebマーケティングのプロがいるのです。

 

そこに浅いノウハウを持った僕たちが利益が見込めるからといって仕事を請負ってしまってはどうでしょうか?僕はプロとしての仕事ができるとは思いませんし、そう考える時点で顧客には最高のサービスとして提供できない・・

 

ですので顧客がSEOを望んでいればSEOのプロを探してくださいと言い、リスティング広告代行を望んでいればリスティング広告代行のプロを探してくださいと言います。

 

これが小さな会社でリソースが限られる中で専門特化させることに対する僕の考えと行動です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*