その他

見えないコスト徹底排除

受託案件を全任せしているエンジニアのトミーから、「初心者を相手にするとコストが・・」とか、「あの問い合わせどうしよか迷っているですが・・」などの相談を受けます。

まず「初心者を相手にするとコストがかかるんですが、今後どうしましょう・・」というトミーの相談に対し、僕は「いらないっしょ」と答えます。だってターゲットじゃないんだもんと。余計なコストと余計なストレスがかかるんだもんと。

一般向けのメニューはあるが、それもリテラシーの高い方のみ対象としている。初心者でリテラシーは低いが、どこかで◯◯が良いとか聞いてきたような方が一番厄介だ。受注したこともあったが、非常に手間が掛かり、中にはサービス外ですよと伝えるとクレームを付けてくる人もいる。

僕等のサービスは制作会社をターゲットにしているため、対応コストなどを含まない価格設定としている。そのため初心者のリテラシーに付き合っていると、本来のターゲットの5倍程の見えないコストがかかってしまう。せっかくの問い合わせだからと、いちいち考える間もなくお断り、もしくは紹介してしまったほうがとっとと次に行けるので効率的だ。

それでは次の相談「問い合わせてきた人が、参考サイトのようなポータルサイトを作るにはいくらかかりますか?と言ってるんですが、やりたいことが決まっていない人に対し、参考サイトをこちらで解析し、見積りをしたほうがいいですかね・・」

これに僕は「当方で見て、すぐに見積りを出せる資料を用意できていないのであれば、参考サイトの解析を有料にすればいいんじゃない?」と。トミーはその場で解析料3万円と値付けをし、僕の目の前でメールを送った。もちろん返信はない。こういったパターンも僕としてはこれで正解。

時間のかかる見積りも有料にしたいくらいだが、さすがに見積りだけは無料で行っている。それに付け加えサイトの解析を無料でやらせようなんてふざけた話。

金額の低い案件の企画書作成やラフ案などもふざけた話だと思っているので、僕は一切をお断りもしくは有料とお伝えしている。

掛け算式に稼げるモデルではない、時間の切り売り型モデル。時間は有限にも関わらず、無料で使われるなんてまっぴらごめん。この記事を読んでハッと思った方はいますぐやめたほうが懸命だ。無料で働く時間を掛け算式に稼げるモデル探しに費やした方がよっぽど楽しいしワクワクするだろう。

こうして改善していった結果、余計なコストは削ることができ、受託ビジネスでの利益率は上がったのだ。その代わり価格は適正価格とし、余計に金を請求しようなんて考えていない。

見えないコストを見積りに入れて価格を大きく出すのか?僕等のように見えないコストを徹底排除し適正価格で見積るのか?それはその人のやり方次第ではある。僕等のようなやり方をしている奴らもいるんだなと少しでも参考になっていただければ幸いです!

クオリティより約束

納期を守る

この約束を守らなければ
クライアントからの信頼など得られませんよね。

ですがデザイナーの性として
デザインを始めると自分の納得のいくまで作り込んでしまう・・

クオリティが高いのはクライアントにとっては嬉しいことは事実なのですが
約束が守れなければ本末転倒です。

稼げるWEBデザイナーになりたいのであれば
クオリティよりも約束を守ることを優先させるべきです。

納期は早ければ早い程、信頼を勝ち得ます。
スピードです。これは間違いありません。

あなたに仕事を頼めば、間違いなく納期までにキッチリ仕上げてくれる。
この安心感が、クライアントにとって価値を感じる部分です。

以前こんなことがありました。

クライアントが急ぎでデザインの見積りを依頼してきた時のこと。

このクライアントにはすでに既存の業者がいましたが
デザインには1週間かかり、かつ要望が通らないとのことでした。

期日までにサイトを公開し、その後には記者会見が待っていたので
相当焦っていました。

そこで紹介頼りに僕等のことを知ってもらい
見積りを依頼、そして制作を依頼してきました。

僕はこのデザインの仕事を2日で作り、直ちにクライアントに提出。
即オッケーをもらい納品し、その後他のページの依頼も受けました。

もちろん他のページの制作も速攻で作り提出。
このクライアントは感動していました。

料金は既存の業者よりも割高でしたが
スピード感のある仕事に対し、費用対効果が高いと評価していただきました。

その後も毎月の仕事をいただいておりますが
このスピード感は変わっていまっせん。

僕は仕事をとっとと終わらせないと気が済まないのもありますが
クライアントに安心してもらいたいという気持ちが強いのです。

デザインの仕事には終わりがありません。

それゆえチクチクいじっていると時間ばかりが過ぎていく・・

デザインは自分の中では70%の力しか出していなくても
クライアントが納得し、喜んでもらえるものを作れればオッケーです。

しかも最短で。

これは手を抜くという発想では決してありません。

デザインには50%の力しか出していなくても
スピードには120%の力を出すとかね。

クライアントの望むものと、クライアントの顧客を想定し
あなたが最適なデザインを提供する。そこには必ずしも100%の力は必要ないのです。

WEBデザインはネット上を徘徊しているだけで
参考になるサイトが簡単に見られます。

実はすごく恵まれたことなんですよね。

だって検索するだけでデザインの参考サイトがサクッと出てくるんですから。

最短で終わらせるには事前準備も必要です。

これは先ほどサクッと出てくる参考サイトを
クライアントにサンプルとして見せ、大体のテイストを決めさせてしまう。

複数のデザインで相手が迷っているようであれば消去法でポイントを押さえます。
またサイト毎のポイント毎に良いなと思う点をピックアップし、ひとまとめにします。

テイストが決まればデザインにかける時間を大幅に削減できます。
あとは数をとにかくこなすことで、自分の中のリソースがどんどん溜まっていき
デザインもパーツ単位で多数持つことができる。

それらのデータを効率的に管理することで
クライアントから喜ばれながら信頼を得られることができ、かつ稼げるスパイラルに乗ることができるのです。

ブログは過去の自分にアドバイス

ブログの更新は「誰に何を発信するか?」だと思うのですが、僕はこれを「過去の自分にアドバイスとして役立つ情報を発信する」と定義付けました。

ブログで書いている記事というのは、自分が辿ってきた道の中での知識や経験などが主です。であれば、過去の自分に対して「こうすればいいんだよ」と伝えることができれば、過去の自分の成長に一役買うことができます。もちろん過去には戻れませんが、こう定義付けるとブログを書くモチベーションにも繋がります。

ブログの更新ができない、イマイチ良い記事が書けない・・そのようなスランプに陥っているときというのは、現在の自分の努力が足りないのだということにもなります。だって過去の自分にアドバイスができるほどの知識や経験がないのですから。。

過去の自分にアドバイスができるということは、自分自身が日々成長できている証拠だと思うのです。そして過去の自分と同じようなことで悩んでいる人が居るのであれば、その人に僕は役立つ情報を発信できていることになります。

誰かの役に立つ情報を配信することが、僕がブログを更新することの使命であると最近になって気づきました。役に立つ情報を心がけることで、発信する情報には価値が付いてくる。価値のある情報を配信できるようになれば、信頼に繋がり、評価となり、そして評価をお金に換えるというフローを考えています。

地に足が付いていないようなブログ記事やfacebookの投稿をたまに目にすることがあります。
これについて、なんだか分からないのですが、妙な違和感をずっと感じていました。

誰に何を伝えたいのか?と

僕がブログの更新を「過去の自分にアドバイスとして役立つ情報を発信する」と定義付けて「ふと」気づいたのですが、こうした投稿というのは現在の自分に対して言葉をかけているのではないのかと思ったのです。

自分自身のモチベーションアップだと本人は思っているかもしれませんが、深層心理は違うだろうと勝手に思っています。地に足が付いていないというのは、なにかにすがってしまっていることが多い。そう心が弱いから。

こうした手法で自分のモチベーションを無理矢理上げることを否定はしません。

僕が言いたいのはそれを誰もが見れてしまうウェブメディアに投稿するのはいかがなものかなと思うのです。その投稿を見て果たして誰かの役に立つのでしょうか?個人的な投稿であれば、こんな風に思いませんが、ビジネスアカウントで投稿する内容ではない。と思うのです。

こんな風に書くと反感を食らうかもしれませんが、僕は役立つ情報を発信したいという思いがあります。ですので、今の自分を慰めるような投稿から、過去の自分にアドバイスするように変えてみてはどうですか?という提案的な感覚なのです。

せっかく投稿するならば、人の役に立ち、なんらかのフィードバックをもらうことで自分自身のモチベーションアップに繋げる。そんな風に仕組みを変えてみてはいかがでしょか?

僕もブログの質を上げるため、日々勉強し、成長できるよう頑張らなければ!過去の自分によりよいアドバイスができるようにね。笑

【アメブロ】記事の文字の大きさを変更

アメブロカスタマイズ「記事の文字の大きさを変更」

ブログ記事の文字が小さくて目立たなかったため、大きさを変更しました。

カスタマイズに使用しているデザインは下記の通りです。
【デザインの変更】→【カスタム可能】→【CSS編集用デザイン】を選択

下記のようにCSSに追記するだけでオッケーです。

(3-6) 記事より

【カスタマイズ前】
/* skinArticleBody 記事本文エリア */
.skinArticleBody{}
.skinArticleBody2{
margin:0 29px;
}



【カスタマイズ後】
/* skinArticleBody 記事本文エリア */
.skinArticleBody{}
.skinArticleBody2{
margin:0 29px;
font-size:1.2em;
}

最下部に
font-size:1.2em; という記述を追加。

僕はバランスを見て1.2emとしましたが
より文字を大きくさせたい場合は、1.3、1.4と数字を大きくしてみてください。

【アメブロ】メッセージボードの文字の大きさを変更

アメブロカスタマイズ「メッセージボードの文字の大きさを変更」

トップページに表示されるメッセージボードの文字が小さくて目立たなかったため、大きさを変更しました。

カスタマイズに使用しているデザインは下記の通りです。
【デザインの変更】→【カスタム可能】→【CSS編集用デザイン】を選択

下記のようにCSSに追記するだけでオッケーです。

(3-5) メッセージボードより

【カスタマイズ前】
.skinMessageBoard{
/* 注 ベースのcssに margin-bottom の記述有り */
border-top:1px dotted #979797;
border-bottom:1px dotted #979797;
background:#ffffff;/* ←メッセージボードに背景を敷きたいとき */
}
.skinMessageBoard2{}
.skinMessageBoard3{
padding:16px 30px;
}



【カスタマイズ後】
.skinMessageBoard{
/* 注 ベースのcssに margin-bottom の記述有り */
border-top:1px dotted #979797;
border-bottom:1px dotted #979797;
background:#ffffff;/* ←メッセージボードに背景を敷きたいとき */
}
.skinMessageBoard2{}
.skinMessageBoard3{
padding:16px 30px;
font-size:1.2em;
}

最下部に
font-size:1.2em; という記述を追加。

僕はバランスを見て1.2emとしましたが
より文字を大きくさせたい場合は、1.3、1.4と数字を大きくしてみてください。

【アメブロ】ブログの説明文字の大きさを変更

アメブロカスタマイズ「説明文の文字の大きさ」

ブログタイトルの下に表示されている説明文が小さくて目立たなかったため、大きさを変更しました。

カスタマイズに使用しているデザインは下記の通りです。
【デザインの変更】→【カスタム可能】→【CSS編集用デザイン】を選択

下記のようにCSSに追記するだけでオッケーです。

(1-2) ブログタイトル文字より

【カスタマイズ前】
/* skinDescription ブログの説明文字 */
.skinDescription{
color:#333333;
}



【カスタマイズ後】
/* skinDescription ブログの説明文字 */
.skinDescription{
color:#333333;
font-size:1.2em;
}

最下部に
font-size:1.2em; という記述を追加。

僕はバランスを見て1.2emとしましたが
より文字を大きくさせたい場合は、1.3、1.4と数字を大きくしてみてください。

耳からのインプットで人脈構築

僕はインプットの際、オーディオブックをよく聞きます。

イヤホンを耳に入れておけば
移動中でもインプットすることができますし。

本も読みますが、読むのが早い方ではないので
耳から情報を取り入れてしまった方がラクだし早いのです。

オーディオブックについておすすめなのが対談系です。

成功者×◯◯さん
こんなのよくありますよね?

例えばカンブリア宮殿に出てくるような経営者は
勉強にはなるし刺激にはなるが、ステージが違いすぎて再現性がない場合が多い。

ですが巷で販売されていたり、会員限定コンテンツなどで
視聴できる動画や音声などは、がんばれば自分でも実現できそう!
とういうレベルのものが多いのです。

例えば年収1,000万円だという人の話とかって
ちょっとがんばれば到達できそうだな。とか

あ、結構泥臭いことやってるんだ・・とか
あ、こんなちょっとした工夫だったんだ・・とか気づきが得られることが多い。

またここからがコツなのですが、
僕はそういった方に直接メールなどをして「聞く」という行動を起こします。

成功者は「教えたい」という気持ちが強い傾向があるので
結構高い確率で答えてくれますよ。

動画では広く一般的なことしかしゃべっていなかったが
個別に質問をすると、詳細を教えてくれるので、情報の質が上がるのです。

こういった行動がキッカケで
実際に会うまで至ったこともありますし、仕事に繋がったこともあります。

実は耳からインプットするという行動は
こういった人脈構築や質の高い情報収集のキッカケになることが多いのです。

アウトプットをしないインプットは意味がないと思っています。
アウトプットしないということは行動していない。

「なるほど~」と思うだけではダメなんです。
行動してこそ結果に繋がる。結果が出ていないのは行動していないだけ。自分の責任です。

いつも目で見て耳で聞いている成功者は、意外とに近い存在かもしれません。
気になる人、学びたい人、繋がりたい人がいるのであれば、是非アプローチしてみてください。

釣り具メーカーに見る商品の販売方法の違い

僕はバスフィッシングが趣味で、
毎月釣り雑誌を買うのですが
ビジネス的な目線で分析してしまう自分がいます。

以下のような2つのメーカーがあります。

A社:売値が高く、質の高い製品
B社:手頃な価格で、普通に使えるレベルの製品

A社はメディアに引っ張りだこのプロが代表を務めるメーカー
代表者を含め、プロスタッフと呼ばれる「人」が広告塔になるわけです。

雑誌やDVD、ウェブ上の動画などでプロが実際に釣っていれば
人間は絶対に欲しくなります。

特に男性はコレクション壁がある人が多いので
同じルアーを色違いで何個も何個も欲しくなりますので
そういった人はメーカーにすれば上客ですよね。

僕もすぐに食いついてしまい無駄遣いしちゃいますし。
戦略にはまっていることを分かっていてもです。

対してB社は目立つプロはおらず、
雑誌広告を数ページにわたって出しています。

目を見張るのはその広告クリエイティブ。
「うまいな~と」とても勉強になります。

この広告クリエイティブにつても
A社とB社では違いがあります。

A社は認知度優先なのでイメージ色が強い。
対してB社は広告ページを見た人に、その場で比較検討させたい色が強いのです。

また実店舗においては
価格が安いため、数を仕入れてもさばきやすく
店舗に並べられ、お客さんが実際手に取って触れる強みもあります。

A社のような製品も店舗には並んでますが
汎用的な製品を少量という店舗が多いです。
これは仕入れが高いため、売れなかった時のリスクが高いためですね。

こういった風に好きなことを
自分の商売に置き換えて考えてみると良いと思います。

自分にブランド力がある、またはブランド力をつけていきたい
というかたはA社のような戦略を取ればよいですからね。

安くて良いもの
正直これにかなうものはないと思っていますが
単に価格を下げるだけではいつまでたっても儲かりません。

低価格でいくのであれば裏側の戦略を
緻密に考えていく必要がありますね。

ブログのネタに困らない方法

ブログやメルマガのネタ切れで
手が動かず更新が止まってしまうことありますよね。

僕も実際そうだったのですが
実際に毎日ブログを書いている人
毎日メルマガを書いている人の言葉を聞いてふとしたことに気づきました。

読者は自分の分身であるということです。

ブログは不要であれば見なければよいだけ。
メルマガは不要であれば解除されるだけというのを前提として理解すればよいのです。

また広く一般に見てもらおうという考えも捨てた方がやりやすいです。
広く一般的にとか役立つ情報でなければいけないとか考えると続きませんからね。

ネタに困らない方法を具体的に挙げると

・本や雑誌を読んで気に留めたこと、感動した「箇所」をピックアップする
 こうすることで1冊の本の中で数記事ブログが書けます。

・生活を送る中で得をしたなと思うこと
 自分が得をしたと思うことは相手にとっては知らないこと。

・仕事仲間、友人、知人との会話の中で気に留めたことを思い出しピックアップ
 会話の中であなたが意見したことや、その時に皆で共感したことなどを記事にします。

その他
・日々の行動の記録
・散らばった情報を集約(キュレーション)
・海外の記事をローカライズ

等々、あなたなりのブログ記事作成方法が多数あると思います。

上記はあくまで参考までにのブログネタ構築法です。

こういった手法以前の心構えとして、

自分との約束を守り、継続させること。
しっかりとマインドセットを入れ替えることが最重要だと思います。

趣味の思考を仕事に活かす

お盆休みに群馬県にある榛名湖に釣りに行ってきました。
朝4時から夜7時まで途中1時間のお昼休みをとっただけでずっと釣りしてました。笑

今回行ったフィールドは難しくて有名な場所。

多くの釣り人が訪れ、ちょっとやそっとのことでは魚が反応してくれない。魚が大きくなればなるほど・・大きな魚は事故でも起きない限り釣れない。そんなフィールドです。

反対に比較的すぐに釣れるフィールドも存在するわけで

これを現実世界に置き換えてみると、情報社会を生きる人々。インターネットに繋がり、スマートフォンを持ち歩き時間さえあれば情報に触れている人々。

これだけ情報のシャワーを浴びている現代人にモノやサービスを売るのは、並大抵のことではありません。

今回訪れた榛名湖で釣りをするようなものです・・

反対にすぐに釣れるフィールドというものも存在すると述べた魚については、情報を浴びていない人、いわゆる情報弱者に置き換わるだろう。

常に情報を浴びている人と、情報を浴びていない人、モノやサービスを売るのが簡単なのは明白。

魚釣りで言ったらスレていない状態。

毎日毎日疑似餌を目の前に出されれば魚はスレて本物のエサではないことくらい分かってくる。
だがたまにしか釣り人が訪れない場所の魚は疑似餌と本物のエサの区別が分からず食らいついてしまうのだ。

ということは試行錯誤し、スレた魚にどう本物のエサだと思ってもらえるか?イコール情報を日々浴びている人にどうモノやサービスを売るか?に置き換わる。

大きな魚になればなるほど、その難易度は上がる。現実世界では金額が大きければ大きい程、売るのが難しいということに当てはまるだろう。

時間帯、タイミング、手持ちの武器、立ち位置、アプローチ、プレゼンテーション。こういったこと、実は釣りの世界でも非常に重要になってくるのだ。

という具合に僕は趣味の思考を仕事に活かすようにしています。

こうした習慣は良いアイデアを生み、実際の行動レベルに置き換えて考えることができるので、趣味を単なる遊びではなく、仕事に活用できてしまうのです。

趣味と仕事の境目がなくなってきて、全てフラットな状態、趣味も仕事も全て同じライフスタイルという「くくり」でまとめることができるのです。

すると全てが同じライフスタイルですから、楽しいこと、好きなことをしている状態。趣味も仕事も関係なく毎日ワクワクした状態を作ることができます。

どうでしょう?自分自身に置き換えて考えてみるとワクワクしてきませんか?

たった一度の人生ですから毎日ワクワクした状態で過ごしたいですし、それ自体が自分の成長につながっていくとなれば・・今すぐ趣味の思考を仕事に活かすしかないですよね。笑