その他

弱い犬ほどよく吠える

 

 

前回書いた「もうイライラしたくない!」と思ったら読む本レビューの続きとなりますが、人はイライラしているのではなく本当は怖がっている。そして「減る」ことを怖がっている。

 

著者は、この「減る」は最終的に命の危機につながるのだと、どこかで知っていると述べています。確かに空気、水、食べ物、安全、愛情、お金、自尊心が減るのは命の危機につながるものですよね。

 

本にも記載されていますが、「小さくて弱い犬ほどよく吠える」と
よく耳にする言葉ですが、確かにそうですよね。小さな体の犬は自分を守るために怒っている。吠える事で自分を大きく見せようとしているんですよね。

 

実際にこうした人は僕も出会ったことがあります。その中でも手の付けようのない人もいましたし、そういった人を関わることはすごくストレスに感じます。

 

そして本の中では大成功しているのによく吠える人がいる。それは自分の立場が脅かされる、いつか裏切られるなどが怖いから吠えていると述べています。吠えている本人は負けてはいけない、ナメられてはいけないと自分を大きく見せようとしているのだと。

 

以前勤めていた会社の営業部はまさにこんな感じだったのを思い出しました。
また経営者でもナメられたら終わりだと言っている人もいましたね。僕の考えの中にはナメられたら終わりという考えではなく、馴れ合いなどの関係になってはいけないなとは思いますね。

 

あまり仕事でほえることはないですが、やはりイライラすることはありますし、自分の意思ではイライラしたくないわけです。だからこそこの本を手に取ったのですけどね。

 

最後のまとめとそして、「よくイライラしたり、よく吠えてしまう人は、本当は自分が弱いということを知り、負けてもいい、バカにされてもいいと開き直ってみましょう。」と記載されています。

 

自分が弱いということを知るというのは大事ですし、逆に強い人なんて居るの?と思います。弱さを全面に押し出す、弱音を吐くネガティブな人にはなってはいけませんが、自分の中で弱さを知ることは非常に大切ですよね。これは素直さにつながってくるような気がします。

 

そして負けてもいい、バカにされてもいい。負けてみてはじめて知れることは多いですし、バカにされてどのような感情が沸き起こりそれを次にどう活かしていくかということも考えられますよね。

 

こどもが始めて自転車に乗り、何度転んでも立ち上がり最終的に自転車を運転できるようになるような、そんな感覚でしょうか。「くそー」という気持ちが「見てろよ!」となり、できなかったことができるようになる。学習し成長していくのですね。

 

今回のブログのテーマは弱い犬ほどよく吠えるでしたが、結論として自分を知ることが大切だと思いました。

「もうイライラしたくない!」と思ったら読む本レビュー

 

 

僕はイライラするのが嫌で直したくて直したくてしょうがないけど、そう簡単には直せないイライラ・・

 

常日頃からこのイライラしないことを意識して直そうと思っている中、ふと本屋さんで発見した、「もうイライラしたくない!」と思ったら読む本。

 

僕が購入したものはDVD付きなので、活字が苦手な僕でも分かりやすかったです。笑

 

前置きはさておき、内容のレビューですが、第一章の一番はじめの部分だけでもかなり「なるほど〜」と思ってしましました。

 

 

「ない」と思ったとき、人はイライラする

 

イライラが起こるのは「減ったとき」だと著者は言います。具体的には

  • 時間が減った
  • お金が減った
  • お腹が減った
  • 損した
こんなときはイライラしやすいのだと。
そしてなにが「減った」のか分かりにくいものもあると述べています。
  • 人が思い通りに動いてくれないとき
  • 自分の意に反した行動をされたとき
  • ひどいことを言われたとき
  • バカにされたとき
  • 理解されないとき
  • 思いに気づいてもらえないとき
これらはなにが減っているのかと言うと、「愛情」や「認め」が減るのだと。そして無視されたときは「存在価値」が減る、バカにされたときは「自尊心」が減る。

なるほど・・

 

著者も述べていますが、イライラしたときは、

  • 「なにが減るんだろう」
  • 「なにが怖いんだろう」

と自問自答してみると良いと書いてあります。

 

僕の場合、イライラするシーンは結構決まってたりします。

 

例えば道が混んでいるときなど。先ほどの質問を自分になげかけてみると、道が混んでいることで「時間が減る」そして「時間に間に合わない恐怖」や「遅刻したときに信頼を失う恐怖」そんなことなのかなと思いました。

 

この日常の中で、比較的多くイライラするシーンをリストアップして、それぞれを検証し、それぞれ答えが見つかればイライラが減るのではないだろうか?今はそんな風に感じています。

 

>> DVD付 「もうイライラしたくない!」と思ったら読む本

 

儲かったら山分けだぁー!

 

 

僕はビジネスで稼げた利益は仲間と山分けすることが基本だと思っています。山分けなどという言葉を使うと語弊があるかもしれませんが分かりやすいのであえて使います。

 

最近ハマっているアニメ「キングダム」の主人公が歩兵100人を連れて、敵大将の首を獲るというシーン。
主人公の信は「手柄は俺がもらうが、褒美は山分けだぁー!」と叫び、仲間の士気を高め、信頼を獲得するといった台詞とシーンは印象的でした。

※アニメは最近たまたまハマっているもので恐縮です。

 

誰よりも先に勇気を持って行動し、先陣を切る姿はまさに勇者であり、リーダーです。リーダーは引き連れる部下や仲間の士気を高め、信頼を得て、結果的に得た利益は皆で分かち合うのです。

 

僕はビジネスで仲間と共に得れた利益は山分けを基本に考え、そこから各自の作業の分量を決めていけば良いと思っています。誰がどれだけ働いたとかではなく、まずは山分けから考えて、作業の分量をバランスよく取っていくというスタイルです。

 

こうした考えは人によっては理解してもらえない場合があります。例えばAさんは「俺はこんなに手を動かしているのに、折半は気に入らない」とかね

ただよく考えてみてください。頭を使っているのは誰か?リスクを背負っているのは誰か?

自分ばかり・・と考えるのであれば、自分の負担を軽減させるための提案を仲間内で行いましょう。それについて意見が通らないようであれば、その人間と組むのは非常に危険ですのでやめたほうがよいと思います。

 

それぞれの役割の元、成功したら山分け!ざっくり聞こえながらも、繊細。

そんなのが僕は好きです。

資産運用を考え始めた単純な理由

 

 


物価上昇率2%が実現すると
100万円の価値は30年後に55万円。


普通貯金による100万円の利息は、
1年間でたったの200円。
税金を引かれて手元に残るのわずか160円。

このような現実を知ってから、
資産運用について考えるようになり、
現金以外で資産を持つ意味を理解しました。

いままでも株や不動産などの投資について、
面白そうだという好奇心から調べてはいたけど、
こうした単純な根っこの部分を理解できていなかったのです・・

資産運用や投資って言葉は、
どこか怖い、怪しいというイメージを持つ人が多いけど、
①や②のような分かりやすい理由があると、その重要性に気づきますね。。

アニメ「キングダム」

 

 

最近ビジネス書をほぼ読まなくなり、その代わりアニメを見るようになりました。一見単に楽しんでるだけと思われそうですが、アニメを楽しむのとは別の角度から見て、分析し、ビジネスに活かすということをしているのです。

 

そんな中いくつかアニメを借りてみているのですが、先日からハマり一気に第一部を見終わってしまった「キングダム」。簡単に言うと戦国を舞台にしたアニメです。

 

僕がアニメを見てまず研究するポイントは世界観とキャラクター設定です。特に第一話目でははじめて見た人の心を鷲掴みにしなければならない最重要ポイントです。その最重要ポイントを見た時に自分はどう感じるか?著者はどう見せているか?そんなポイントを気にしながら第一話目を見ています。

 

そしてこのキングダムでは下僕だった少年が大将軍を目指し活躍していくというストーリー。もちろんストーリーの中では様々なタイプの将軍や隊長、仲間・敵などが出てきます。

 

将軍は戦を勝たせるために、戦略を練り、各部隊を束ね動かします。まさにそれらは経営に活かせることばかりなのです。

 

戦に勝つための戦略。

仲間の士気を高めるために取る行動や言葉。

仲間の心を揺さぶり、仲間を動かすための行動や言葉。

 

ここには書ききれないことばかりですが、自らが先陣を切って誰よりも先に勇気を持って行動するという強いリーダーシップなどには心を動かされます。

 

そしてアニメを見る中で自分自身の感情が動いた時に、「なぜ感情が動いたのか?」こうしたことを気にしながら、そして脳に記憶させながらアニメを見るようにしています。

 

僕にとってアニメは、多角的見ることで、単に楽しむ他に学びも得られるといった、まさに一石二鳥になっているのです。

マーケティング戦略の立案

 

 

ありがたいことに僕たちのサイトを見て問い合わせてきてくれる方の中に、「御社のサイトはなぜ成功しているの?そのノウハウでうちのサイトの集客もお願いできないか?」などの相談を受けることがあるのだが、僕はそれを差0ビスとして提供していないためアドバイス程度として提供している。

 

特にSEOについて聞かれることが多いのですが、SEOは正直そこまで意識しておらず、マーケティング戦略が基礎にあって、SEOなどはそこから組み立てて行くからです。

 

そこで僕がマーケティング戦略を考える際に実践的に使える本を紹介。

  • 参考書籍①:売れる会社のすごい仕組み(著者:佐藤義典)
  • 参考書籍②:図解 実戦マーケティング戦略(著者:佐藤義典)

 

本の中には実践的に使えるフレームワークがあるため、僕はそのフレームワークに自社の商品を当てはめて考えていきました。

 

ネット集客では人を集めることが目的となるため、その着地点や購入後の仕組みまで全て用意周到にしておく必要があります。だって集客だけしたところで、その先スカスカだったらせっかく苦労した集客も全て無駄になりますからね。。

 

ちなみに上記2冊の内容はちょっと難しい部分があるので、初心者の方は同じ著者の書いた本「ドリルを売るには穴を売れ」をまずは読んでみてください。活字が苦手な僕でもすんなり読めて、すんなり理解できた入門書的な感じの本です。

小さな会社は商品を専門特化させなければ顧客のためにならない

 

 

小さな会社は商品(物・サービス)を専門特化させなければ顧客のためにならないと僕は考えています。

 

僕の会社は僕とエンジニアの二人という小さな会社ですが、WordPressの構築というサービスだけに専門特化するようにしました。

 

この絞り込む前は新しいことを思い付いたり、新しい情報を仕入れたときには、「会社として新しいサービスにしよう!」そんな風に考えていましたが、今はそうは思わなくなりました。

 

稀に僕等がメインで集客しているウェブサイトを見て問い合わせてきた方が、裏読みをし「実際に集客できている御社にWebマーケティング・広告代理的なことまで行って欲しい」との要望がありますが、僕はこれらを全てお断りしています。

 

理由はプロではないからです。

 

確かに僕等はウェブを使い集客を成功させていると自信を持って言えますが、それをサービスにしているプロではありません。WebマーケティングならWebマーケティングのプロがいるのです。

 

そこに浅いノウハウを持った僕たちが利益が見込めるからといって仕事を請負ってしまってはどうでしょうか?僕はプロとしての仕事ができるとは思いませんし、そう考える時点で顧客には最高のサービスとして提供できない・・

 

ですので顧客がSEOを望んでいればSEOのプロを探してくださいと言い、リスティング広告代行を望んでいればリスティング広告代行のプロを探してくださいと言います。

 

これが小さな会社でリソースが限られる中で専門特化させることに対する僕の考えと行動です。

投資思考でお金を遣う

 

僕は必要のないものには1円でもお金を払いたくありません。お金は価値との交換券だと思っているため、自分が価値を感じなければ、お金を払いたくないという考えを持っているからです。

 

無駄なものにはびた一文お金を払いたくないという考えは、自分で事業を始めてより一層大切な考えだと思います。

 

ですが投資思考で考えられるものには、一見無駄にも思うことでもお金を払います。それは物とは限らず、新しい経験や新しい情報など目に見えないものも含みます。

 

特に経験においては、その経験したときの感情を脳に覚え込ませ、後々ビジネスのシーンで活用できると考えているため、僕にとっては極めて重要なものとなっています。

 

これらは一種の自己投資かもしれません。

 

自己投資についての僕の考え

自分を成長させるため自分に投資している人は少なくありません。先にも述べましたが僕自身も自己投資はしているつもりですし。

 

この自己投資について認識を間違ってしまうと、単なる趣味や搾取されるだけの人間になってしまうので注意が必要です。

 

なんとか塾に数十万円、セミナーに行きまくって一年間で投資した額数百万円、そんな話しを時折耳にしますが、、投資した額以上に稼げている人を見たことがありません。たぶん稼げている人はいくらいくら自己投資したなどと口に出さない余裕があるのだと思います。

 

塾やセミナー自体は全く否定しませんが、稼げていない人のなにがダメなのか?それはアウトプットの量だと断言しても良いでしょう。

 

塾やセミナーではそのやり方を教えてくれる場です。知識としてインプットしたものをインプットの何倍、何十倍の量でアウトプットしてこそ、結果として表れるものだと僕は考えます。

 

だってインプットの時に「うん。なるほど〜」で行動しなかったら結果なんてなくて当たり前ですよね。

 

それと、あっちこっちの塾やセミナー、あれもこれもと知識を詰めすぎるのも良くないと思いますね。もうね、たった1つの一日5,000円のセミナーに行ったとするならば、そのセミナーで教わったことだけを一ヶ月間実際に行動してみるとか。そのくらいのアウトプットの量であれば絶対に費用対効果の高い自己投資になると思うんですよね。

 

だけども1つのセミナーは終わり、次の日に違うテーマのセミナー、その次の日に違うテーマのセミナーと受講して行き、アウトプットする時間がなかったら・・結果は分かりきっていますよね。

 

多くのセミナーに行って知識を付ければ稼げるようになるんじゃないか?売上が上がるんじゃないか?アウトプットもせずにそんな祈りが叶う訳ないんですよ。せいぜい夢の中でお金持ちになれる程度だと思います。

 

ノウハウや手法を求めて彷徨うゾンビになってはダメで、とにかく地に足を付けて現実を視て、ひたすらアウトプットする!これに尽きると思います。

ウェブ上の有料コミュニティにて情報収集②

 

 

月額1,000程度のウェブ上のコミュニティへの参加で情報収集することについて先日記事を書きましたが、気が乗らないようなリアルでの交流会などと比較して、どのような違いがあるのかをシミュレーションしてみます。

 

例えば気が乗らず行きたくもないリアルでの交流会で会費5,000円、交通費2,000円かかるとすると合計7,000円。比較する程でもないが、月額会員コミュニティに7つは入れる計算となる。

 

リアルなら人と直接会えるから良いじゃないか!という声も聞こえてきそうだが、ウェブ上のコミュニティの大半ではオフ会というものが存在する。ウェブ上で一度でも交流したことのある人と会うのと、一度も交流したことのない人と会うのでは全く違う事はお分かりになるだろう。しかもウェブ上でどのような人なのかを深く知った上で会うのでは、まったく比較にならないと思うのです。

 

リアルでの交流会に出まくって名刺交換しまくって稼げている人っているのでしょうか?リアルで会うのであれば、必要な人に会うということが非常に大切だと僕は思います。

 

僕も会いたい人には積極的にコンタクトを取り、会ってきましたが、わけの分からない交流会などには一度も行った事がありません。知り合いに誘われても微妙な集まりの場合、徹底してお断りしますし。

 

費用対効果の面から考えてもウェブ上の有料コミュニティなどは入ってみても損はないと僕は考えます。実際にいくつか入っており、しっかりと情報収集ができており、本業のビジネスに活かす事ができています。

 

最後になりますが、本日書いた内容はあくまで仕事に活かそうとするのであればの話です。

ウェブ上の有料コミュニティにて情報収集①

 

 

僕はウェブ上のちょっとした有料コミュニティに試しにいくつか入ってみて情報集種をしています。ちなみに料金は月に1,000円前後です。

 

こうした有料コミュニティの「場」としてはほとんどがFacebookのグループ機能を使い、課金にはPayPalを導入しています。まぁこうしたツールの活用方も分かるので参考になりますね。

 

あと参考にしている点では、無料から有料への誘導方法、有料化された時にどのような文言のメールが飛んできてどんな感じで自動化されているのか?、どのような特典を受けられるのか?などなど僕は細かいところを全て参考にしています。

 

そして複数の有料コミュニティを比較し、もしも自分発のコミュニティを立ち上げたら?と仮定しジャッジしています。

 

その中でも誰に何をのコンセプトが明確になっていないコミュニティは満足度が極力低いですね。
すなわち運営者が会員さんをどこに連れて行きたいのかが明確ではない・・ほとんどの人がビジネスに活かしたいと考えているはずなので、そのあたりの配慮を怠るとイマイチだなぁと感じます。

 

とはいえ月額1,000円前後ですので、情報収集の場としてはとても費用対効果の高い投資だと個人的には感じます。ビジネス書も1,000円、1,500円しますしね。一方的ではなく双方向コミュニケーションが取れるという点では、疑問に思った際、ピンポイントで回答が返ってくるのはいいですね。ゆるい仲間も増えますし。

 

今後もこうした場を見つけた際には積極的に参加してみようかと思っています。