文章で伝えることに必要な要素「リアリティ」

 

Fotolia 52718005 XS

2007年頃から文章で伝えることについて密かに研究してましたが、ここ数年で気づいた重要なことは「リアリティ」。これは文章だけでなく、映像、音声などにも言えること。

このスキルはコピーライターなどの専門職の方だけでなく、一般の人も得とくしておくと良いと思う。特にビジネスでブログやメルマガを書いているなら必須のスキルだと思う。

では具体的に「リアリティ」をどう表現すればよいか?というと、その時の情景を細かく細かく書くといったこと。

 

例えば初めての彼女とのデートの待ち合わせを文字で表現するとしたら・・

▼なにも考えずに書く場合
今日は彼女とのはじめてのデート。僕は待ち合わせをする場所にドキドキしながら行った。

▼細かく細かく書いた場合
今日は先月友人の紹介で知り合った女性とはじめてのデート。彼女とは飲み会の席で意気投合しLINEのIDと電話番号を交換。その後は毎日数回LINEでやりとりをする中で親密になっていき、今回デートに誘いオッケーをもらったのだ。
僕は渋谷のショップで買った◯◯というお気に入りのブランドのジーンズに、◯◯というブランドのシャツを合わせ、左手にはOMEGAの時計、右手には◯◯のブレスレットをし、右手人差し指にはクロムハーツのごつすぎないデザインが気に入っているリングをはめて、髪型も先日美容室に行き今流行の◯◯にしてもらい、待ち合わせ時間の午後5時、待ち合わせ場所である渋谷駅ハチ公口改札を出たところに立っていた。
はじめてのデートということもあり、緊張でお腹が痛い。そして緊張のあまり冷や汗もかき心臓はバクバクしている。

 

上記文章では細かく書き過ぎたかもしれないが、実際新聞などを読んでいるとこのように細かく細かくその時の情景を文章にしている記事を目にすることがある。

物やサービスを販売する時には文章や言葉を用い、相手に買った後をイメージさせる必要があるだろう。

例えばクルマを持っていない人に対しクルマを販売するときに相手にイメージさせることは、

「マイカーがあれば家族みんなで旅行に行けますよ。海に山にレジャーが楽しめお子さんの笑顔が見れますよ!」
「マイカーがあればスーパーで買物をするのも断然ラクになりますよ!」 
「マイカーがあれば友人を載せて釣りやスキー・スノーボードでわいわいできますよ!」

こんな風に購入者に買った後をイメージさせて、欲しくさせることが売り手としては重要だ。

 

クルマは例えとして、ネットなどで物やサービスを販売するときの一番の武器はやはりメルマガに他ないと思う。そのような中ではこの「リアリティ」こそが最強の武器を更に強くしてくれる要素のひとつであることは間違いないだろう。

WordPressってSEOに強いの?

 

Fotolia 63162525 XS

 

WordPressについて問い合わせや相談をいただく中に、「WordPressがSEOに強いと聞いたから・・・」という内容のものが月に数件ありますが、僕からしたら「WordPressってSEOに強いの?」と逆に聞きたいくらいです。

いまWordPress自体は旬なので、それにSEOを絡めて販売しようと考える人が居るのか?そんな風に思ってしまうんですよね。

 

例えば基本的なHTMLの構造や、タイトル・概要・見出し・本文等の構成は僕もしっかりと意識してサイトを作り込みます。これは静的なページでのコーディングと合わせたかたち。

タイトル・概要・見出し・本文等の構成とは僕の中で、「本」を参考に考えています。

本には表紙があり、表紙にはタイトルがあり、裏表紙には概要があり、中をめくると目次があり、内容を読むと見出しがあり、見出しに続く文章がある。そんな感じです。

 

これらを自分の商品やサービスであれば、買い手となるユーザーを想定し、自分の知識をしっかりとアウトプットし、有益な情報としてサイトやブログに掲載していくという非常に単純なことしか意識していません。

被リンクがどうだとか、質がどうだとかっていうのは気にしてないのです。

こういったことを気にすることに時間を使うのであれば、自分のサイトやブログを見てくれる人に役立つ情報を深堀りしてアウトプットするとか、面白いと思ってもらうためのネタを考えるとか、そんなことに時間を使ったほうが良いと考えるからです。

 

結局被リンクがどうだとかっていう部分にばかり考えが行くというのは、悪い意味で自分がラクをしたいからなのではないでしょうか?

例えばユーザーにとって役立つ情報を配信することが重要だと思ってはいても、「毎日記事を書くのは大変だなぁ」とかね

 

小手先のテクニックも大事かもしれませんけど、基本は「どうしたらもっと多くの人に自分のサイト(ブログ)を見てもらえるだろう?」という質問を自分に投げかけて、そこを深く考えて答えを見つけて、愚直にやるしかないと僕は考えています。

 

ちなみに商品やサービスに関するウェブサイトでのSEOを意識することについては、「どうしたらお客様に自分たちの商品(サービス)が選ばれるだろう?」と自分に質問を投げかけています。

SEOを意識するというよりは、ビジネスモデルについて深く考えるといったところでしょうか。

自分自信が物やサービスを買う時に、どういった点を気にして購入するのか?購入者の立場に立って考えるようにしています。(たぶん価格とクオリティのバランスで選ぶ人がほとんどだと思いますが・・)

 

SEOというテーマから考えるとどうしても小手先のテクニックに走ってしまうと思うので、視野を広げてビジネスモデルというテーマから考え、日々の情報配信や日々の見直し・改善、そういったことに注力してはいかがでしょうか?

「静的ページで作っていますがSEO的に全然ダメなんでWordPressにしようと考えています。」こういった問い合わせ内容の方がいらっしゃいますが、静的ページだから検索順位が上がらないなんてそんなアホな話しはありません。

そんなことを気にするのではなく、ラクをしようと思わず、サボらず、自分がインプットしたことをしっかりアウトプットし続けたら、静的ページだろうがWordPressで構築されていようが、ユーザーからの評価を得られれば、自然と検索順位に反映されると僕は考えています。

 

 

経営者がはまってはいけない罠

 

Fotolia 60741669 XS

 

経営者がはまってはいけない罠のひとつとして、資金管理が挙げられる。

 

規模や業種業態により異なるが、ここでは僕等のような請け負いのビジネスを例に挙げてみる。(個人的には規模は大小関係なく基本的な管理能力が必要とも思っている。)

僕等のような請け負いの仕事では、発注をいただいたときに売上として数字となる訳だが、ここに罠があることに気づかずに倒産してしまうこともあり得るのだ。(俗にいう黒字倒産)

発注をいただいた段階での数字では、実際にお金の振込は行われておらず、会社の通帳には実際のお金はない

 

だが発注時の数字だけを見て安心し、後先考えずにお金を使ってしまい、結局手持ちの資金が底を付いてしまえば終わり。倒産だ。

僕は実際にこうした経営者も見たし、実際被害を被ったこともある。

先に「後先考えずにお金を使ってしまい」と書いたが、その具体的な例としては、実際に顧客から入金される前に外注費や宣伝広告費等の支払いが手持ちの資金を上回ってしまうなどがある。

 

僕はこうした穴を埋めようと、銀行から借り入れすることや、外注などへの言い訳や対応というのは非常に効率が悪くコストがかかると考えている。

銀行から借り入れをすることについては、こうした自転車操業的な感覚では危ないだろう。お金がなくなったら銀行を頼ればいいなどと依存することはなんとも危険な考えだ。

そして外注への支払いが滞る件については長い付き合いのうえでの信頼などがあれば別だが、基本的には信頼を失うし、本来やるべきこと意外の無駄な対応で時間をとられ、非常に無駄で非効率になってしまうということが考えられる。

 

リース会社などを使い、契約させた段階で集金できるビジネスではどうか?

こうした仕組みを利用した企業もあるが、売る事ばかりに注力していては販売後のクレーム対応などにコストがかかったり、クレームが多ければもちろん信用・信頼・口コミといったこともなく、資金ショートにつながってしまうのではないでしょうか?と、僕はそんな風に考えます。

確実に回収するといった観点からはスゴく良い仕組みだが、契約から顧客満足まで一貫した仕組みを作り実践できなければその企業に将来はないだろう。

 

こうした罠にはまらないためには、しっかりと地に足を着けて、調子に乗らず、きっちりお金の管理を行う。そんな心構えが大事だと僕は考え、行動しています。

 

 

最終的に行き着くのは商品のクオリティ

 

Fotolia 63852594 XS

 

僕はマーケティング戦略を練り上げ、売るのがめちゃくちゃうまかったとしても、最終的に商品(モノ・情報・サービス)のクオリティが悪ければ意味がないと思っています。

 

今では行っていませんが、以前ネットマーケティング(コンサルティング)の相談を受けた際、とある方に詳細をヒアリングをしたのですが、提供するサービスについてがとにかく薄ぺっらいのです。

 

結局起業して食っていくために自分で考えたサービスを提供する訳なのですが、自分が顧客に提供するサービスの「質」について深く考えていないのです。

 

こんな状態で外部の僕がマーケティングや集客を手伝い、相談者に新規顧客となったとしても、リピートされないだろう。。そんな感じでした。

 

そして商品の質だけでなく、最終的な落としどころまでのフロー、スキーム、仕組み。そういった受け皿が完璧に用意されていませんでした。

 

こんな状態では僕も仕事を請負う気にはなりません。いくら僕が頑張ってもある意味結果は見えてますし、正直トラブルに発展する可能性もあるなと判断したからです。

 

制作会社って顧客から作るだけではない部分の期待というか、サービスの一貫というか、そんな風に捉えられる場合も多いんですよね。だけどもこちらとしては、その部分はもちろん別途にしなければ採算取れません。

 

ここの互いのギャップがある状態で受注してしまうと、後々のトラブルになってしまう場合が多い。なので制作会社側では、事前にしっかりと説明し、相手に理解してもらう必要があります。

 

この説明を怠れば、やはり商品のクオリティに関わる部分で誤解されてしまう。

 

まぁ制作といえど、一般の無知な人、ある程度知っている人、詳しい人、それぞれ感じる価値は違いますので、ターゲットを絞込み、最適な商品を提供し、ターゲットとする方にハイクオリティだと思ってもらうことを深く考えることが重要です。

自分の好きなことを体験し全てアウトプットしていく

 

 

ブロガー活動をはじめて9ヶ月が経過しました。ちなみに僕の言うブロガー活動とはいわゆるアルファブロガーと呼ばれるような方々とは違います。

 

それはウェブ上にログを残すという意味でのブロガー活動であるため、アウトプットする媒体はブログ以外のメルマガやウェブサイトにも当てはまります。

 

僕はこのブログ以外にもいくつかブログを運用しており、毎日必ずどこかしらでコンテンツ作成を行っています。それは自分の好きなことを体感し全てをアウトプットするといった作業です。

 

ブロガー活動を続けて至った結論として、人間は自分に嘘をつけないということです。自分の好きなことではない記事を書くことはできないのです。

 

例えるなら、アフィリエイトで稼ごうと思って、自分の興味のない美容についての記事を書くのは苦痛でしかたがない。そんな感じです。

 

だったら自分の好きなことに関して記事を書く。体験したこと、体験して気づいた事などを全てアウトプットする習慣を付けるということをしていく。

 

それ自体を試行錯誤の上、マネタイズしていき、ビジネスにしていくのがベストですが、必ずしもマネタイズに繋げなくても良いと個人的には思います。好きなことならばアウトプットをするのは苦痛ではありません。むしろ楽しくて仕方がない。

 

僕は釣りのブログを個人的に運営していますが、二泊三日で釣行などに行って帰ってきた時などは、めちゃくちゃアウトプットしたいことがたくさんできる。これは自分の好きなことを体験し全てアウトプットしていくという作業で、二泊三日の釣行から帰ってきた際は10日分(10記事)を半日もあれば書けてしまうほどの勢いです。笑

 

ということは、二泊三日の釣行を月に二回行うだけで、20記事(20コンテンツ)は余裕で作れ、しかも一日もあれば書き終わってしまうのです。

 

これをビジネス化するとしたらどうでしょう?一見遊びにも見えてしまう行動も、考え方ややり方次第でビジネスになってしまうのです。しかも本当に好きなことを仕事にできるという一石二鳥さ。

 

ちなみに僕の釣りブログはビジネスにはしていません。ですがかなり更新しており、アクセスもそれなりに稼いでいます。
それは単に好きだから。好きなことだから記事を書きはじめると手が止まらないのです。笑 

 

これはビジネスにはなっていませんが、アウトプットするという習慣化が手に入ります。地道に地道にコンテンツを増やして行き信頼を評価に繋げるスキームが自分の中で作れれば、それを違うもので実行しビジネス化するといった流れを作ることができます。

 

稼ぎたいからブログをはじめるとか、アフィリエイトをはじめるとかではなく、まずはブログを更新する習慣を付けることが超重要です。そして単にブログの更新を習慣化させるのではなく、習慣化する中でしっかりとビジネスにどう繋げて行くか?どう商品化して行くか?どうマネタイズして行くか?を考えていく必要はあるでしょう。そしてその具体的なやり方を人に聞くのではなく、自分の脳みそをちゃんと使って考えるということが大切です。

マーケティングの根っこは普段の生活の中で得られるという話

 

 

いままで僕はマーケティング関連のビジネス書を買い漁り、多大な時間を過ごし、非常に非効率的なことをしてきました。

 

そもそもマーケティングという言葉に踊らされていたのでしょう。

 

マーケティングと聞くと、なんだか難しそうとか、そもそも意味が分からないと言う人もたくさん居ると思います。僕的にそもそも横文字になっているのが分かりづらいと思っています。

 

マーケティングを日本語にすると「売れる仕組み」です。「売れる仕組み」と読んだ方が分かりやすいのではないでしょうか?

 

さて、前置きはそれくらいにして、普段の生活の中で「売れる仕組み」について、僕は十分学べることに気がつきました。

 

それは、

  • 人気の商品を使ってみる。
  • 人気のお店に行ってみる。
  • 人気の映画を見てみる。人気のマンガを読んでみる。
  • 人気のゲームをプレイしてみる。
  • 人気の音楽を聴いてみる。
  • etc

です。

 

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚。この五感をフルに使って、自分の好きなことをしてみる、好きな物を買ってみる、使ってみる、見てみる、触ってみる、嗅いでみる、食べてみる、読んでみる、聞いてみる。

十分に楽しみながら、体感し、それを記憶していきます。

 

そしてここがポイントになりますが、ただ単に楽しむのではなく、楽しんでいる自分の他に、「なぜこの商品が爆発的に売れているのか?」「プロモーションはどのように行っているのか?」などを分析する自分、そのもうひとりの自分で、多角的な見方をすることによって、専門的な本を買ったり、セミナーに行ったりする必要なんてなくなるのです。

 

マーケティングという言葉を聞いて違和感を覚えるひとは少なくないと思います。

 

でも商売にはマーケティングすなわち売れる仕組みを作る必要がありますから、だったら楽しみながら、好きなことをしながら覚えていけばいいじゃん!と僕は考えて行動しているのです。

釣りとビジネスの共通点

 

僕は趣味でバス釣りをしていますが、釣りとビジネスはすごく似ていて共通点があるなぁとつくづく思います。

 

例えば、

  • 魚の居ない場所で、いくら竿を振っても一生魚は釣れない。
  • 魚影の少ない場所で釣りをするよりも、魚影の濃い場所で釣りをするほうが効率的。 
  • 魚が居るフィールドではあるけれど、魚が回ってくるタイミングを見計らい、タイミングに合わせて本気を出す。 
  • 初めてのフィールドではポイントが分からないために、地元の釣りがうまい人に話しかけ情報収集をする。
  • 釣りに必要な道具を手に入れ、日々メンテナンスを行う

 

ちなみに効率だけを考えているように思われがちですが、そうではありません。狙う魚を釣るため365日いつでも釣りのことを頭の中で考えることが大事。ビジネスだって365日、寝ている間も考えているわけですからね。

マイナスの感情はプラスの行動で消す

 

 

負の力は強いもので、嫌なことがあると、無駄に時間を使って考えてしまったり、寝る前に思い出しイライラしてしまいます。

 

こういった時に僕は思考を変えようと思うのですが、すぐには変えられないのが人間。

 

マイナスの感情をプラスの感情で消そうとするのではなく、プラスの行動にすると良いことに気がつきました。

 

僕は仕事でやりたいことややってみたいことなどがいくつかありますが、やりたいことを考えたり話したりするというのは非常にポジティブなことです。そのポジティブに考えられることについてノートにまとめるなどの行動を取ると意識が集中し嫌なことなど忘れてくるのです。

 

もちろん仕事のことだけではありません。仕事自体が嫌な人、プライベートで仕事のことを気にしたくない人は、旅行の計画を立てたり、デートのプランを練ったり、趣味で必要な道具をシミュレーションしてみたり、色々あると思います。この時に頭の中で考えるだけではなく、ノートに書いてみる、ブログに書いてみる、実際お店に行ってみる、など行動するのがコツです。

 

一分での一秒でもマイナスな感情は持ちたくないですからね!

会社がどんなに小さくても経営者は仕組みを作ることを仕事にするべき

 

 

経営において会社の規模は関係なく、仕組みを作ることが経営者の仕事だと僕は思っています。

 

例えば、会社が小さくても儲かる仕組みに注力する。それらを細分化させていくと、

  • 売れる仕組み(マーケティング)
    →例:ネット集客、メルマガで見込客の教育、メルマガでクロージング 、営業担当でなくとも数字が取れる仕組みetc
  • 業務効率化の仕組み
    →例:経理の仕組み、外注化、外注との付き合いetc

 

細分化していくとキリがなくなりますが、要はキリがないから日々の仕事は仕組み作りに従事するべきだと思うのです。

 

以前とある小さな会社の経営者が僕に「見積りも作らないで、一体何しているの?」と言われたことがありましたが、僕からしたら「社長自らがいつまで見積書を作成しているの?」と聞き返したくなったことがありました。(聞き返してはいませんが)

 

この件ではこうも思いました。「社長(経営者)は社員を信じて、仕事を任せるべきだ」と

 

なんにでも首を突っ込んでくる社長(経営者)がたまに居ますが、見ていてあれはあまり良くない。社員のことを信用していない証拠です。そして逆に社員からの信用もつかないだろうと思うのです。

 

経営者にしかできない仕事をする!その中でも会社の仕組み作りは大切ですし、この仕組みがうまく作れるかが、イコール上手な経営なのではないでしょうか?

仕事をする中で副産物を生む

 

 

僕は仕事をする中で副産物を生むことを常に意識して行っています。

 

僕の場合ですが、副産物とは具体的にはウェブ上にログを残すということです。その他、本にする、音声にする、動画にするなど様々な副産物として挙げられると思います。

 

エンジニアであればプログラミングするなかで得られたノウハウを活かし、ライブラリやプラグインなどを作ることもイコール副産物になりますね。

 

これはリアルビジネスを行っている小さな会社の経営者の方なんかにはすごくおすすめです。

 

具体的に例を挙げると、夫婦二人と専用のスタッフ一人の美容室の経営者が、お店の立ち上げから日々の運用までをウェブ上にログとして残すなどコンテンツとして副産物にするのです。

 

僕は美容室に行くのが面倒で、美容室って自分で経営したらいくらかかるんだろう?と興味本位で検索したことがありましたが、検索に拾われるのはQ&Aサイトのようなサイトばかりだった記憶があります。

 

本屋でも美容室オープンに関する本を探しましたが見つかりませんでした。本屋だと検索が出来ないですし、本気でもなかったので必死で探すこともしなかったですが・・

 

このときの僕のように思うタイミングで、夫婦二人と専用のスタッフ一人の美容室の経営者が美容室の立ち上げ方のブログがあったら非常に興味深く読んだと思います。

 

初期投資にいくらくらいかかるのか?それに対し、どれくらいの規模のお店なのかも分かりますし、実際のオーナーの顔も分かる訳ですから、かなり信憑性の高い情報だと認識するでしょう。

 

すでに情報戦争とも呼べる程、ネット上には情報が溢れかえっています。そのような中、知っている人から情報を取得する、知っている人から物を買う、そんな時代になっていくと思います。そうした中で誰が情報を出しているかが見えるカタチになっているというのは非常に有効です。