朝起きてアイデアをメモする

僕は朝起きた瞬間にアイデアが頭の中にある事がすごく多いため、朝起きてすぐにノートにアイデアをまとめます。

朝起きてすぐこうしてアイデアが頭の中にあるのは、夜寝る前にどういったことを考えながら寝るかによって、寝ている間それについて脳が考えているからだと思います。

朝はゆっくりするほうなのですが、起きてすぐのアイデアをメモしておかないと忘れてしまう・・後でいいやでは遅いのです。その瞬間の閃きをメモしておく事で脳に再認識させる効果もあると僕は考えています。

メモはそのときによってボリュームが違います。ちょこっとしたメモからロードマップやマインドマップ化するときもありますし、メモのつもりがそのまま作業になってしまう場合もあります。

この朝起きてアイデアをメモすることが、僕に取ってはよいリズムとなっているようです。

まぶたが開ききっていない状態でこのような作業を行うことで一気に目が覚め、良い朝が迎えられるのです。

また、朝の習慣としてもうひとつ「目的と目標を見る(書く)」というものがあります。朝のアイデアメモの後は、珈琲を飲みながらゆっくりと目的と目標を確認しながらその日のやる事をリスト化します。

そして朝食をとり、顔を洗い、ブログを更新(アウトプット)するのが僕の朝の習慣です。

こうした確認作業とアウトプット作業には早起きがマストです。皆さんも1時間早起きしてこうした時間に費やしてみてはいかがでしょうか?

豪雨にて

昨日は埼玉県春日部市に仕事で行ったのですが、急にすごい雨が。

道路に水が溜まりえらいことになっていました・・

o0480048012638016946

夏は急な豪雨に注意ですね。

SEOタクティクス

今日は集客についてです。

僕は集客媒体をウェブと決定し、
SEOを意識したサイト作りをしています。

というか僕の場合、集客=SEOと言っても過言ではありません。

SEOと聞くとどのようなことを連想されますか?
被リンク?、HTML構造?、キーワード?等々

人により様々だと思いますが、
僕はユーザーに選ばれる理由と考えています。

SEO=ビジネス、
SEO力=ビジネス力だとも考えます。

僕は現役サラリーマン時代にWEBディレクターという立場でしたが
SEOチューニングも業務の一環として行っていました。

具体的にどのような作業だったかというと
SEO会社から送られてくる施策内容が書かれた資料通りに
キーワードを追加したり、テキスト文を考えたり、
HTMLの構造を変えたり、などをしていました。

当時テーブルでガチガチに組まれたレイアウトを変更するのに
半日とか作業に取られたりと、苦労した覚えがあります。

画像で作られた横メニューを縦に並べ替え再デザインしてとか
むちゃくちゃな施策内容が書かれていたこともありました。

そうなると大変です。
お客様に一度オッケーをもらっているのを説得し
その後待っているのは外注さんの説得。

今思えばアホらしいです。

当時のSEO会社からの施策内容というのは
ホワイトハットだったのは確かですが。

それがゆえテクニックに頼ったSEOというのを
当時から知らなかったのは救いだとおもいます。

SEOは本質。
検索エンジンから選ばれるというよりは
検索ユーザーから選ばれるものでなければなりません。

また検索エンジンは相対的に評価していることも
知識として持っている必要があるでしょう。

例えば地域+旅館などと検索した時に
上位10サイト全てがじゃらんなどの情報サイトが表示されることはないと思います。

・情報サイト
・比較サイト
・予約サイト
・老舗(ブランド)
・格安(料金)

・複数から選びたいユーザー
・良質な時間を過ごしたいユーザー
・安い宿を探すユーザー

こんな感じの検索結果になるのではないでしょうか?
これが相対的ということです。

ですのでこういった要素を理解したうえで
自分の武器はなにか?と考え、強みを打ち出すウェブサイトを作る必要があるといえます。

なんらかの検索ワードでクリックされた瞬間の
ファーストビューにはどのような情報を載せ、どのようにインパクトを出すか?

人を売り出すのか、商品を売り出すのか、
イメージを伝えるのか、実績を数字で伝えるのか。

この部分を自社の強みと連動させ
戦略的に行う必要性があります。

自社の強みを理解していて、それをウェブ上で打ち出すことで
ウェブサイトを見てきた人に対して、一貫したサービスを届けることができるので信頼度も上がります。

この一貫性というのがすごく大事です。

旅館を検索して、決めた理由が「上質なおもてなし」だったにも関わらず
接客が下手だったとしたら二度と行きたくないと思いますよね。

例え料理がめちゃくちゃ美味しかったとしても。

一貫性を持って表現し、強みを分析し、
検索ユーザー(見込客)に選ばれる理由を戦略的に作り上げれば必ず反応があると思います。

孤独を受け入れる

こんな風に書くと誤解を受けるかもしれませんが
悠々自適なライフスタイルを送るには自分は孤独だということを受け入れる必要があります。

経営者は孤独。

法人であれ、個人事業主であれ、
どのようなビジネスであれ、この言葉は当てはまると思います。

これらは決して仲間がいないとか仲間を作るなとか
そういったことではありません。

仲間は必須です。ひとりではなにもできません。

ですが孤独という現実を見ず
恐怖をごまかすカタチで仲間に依存してはダメだと思うんです。

仲間なのにお金を搾取されているような状態になっていませんか?

世の中には人の心の弱みに付け込むような組織もあります。
そのような組織に属すことで自分には仲間が居ると思うのはいかがかと思うのです。

実績を出していない自分がいたとし
その自分を認めてくれる人たちがいる組織。

それって仲間ですか?と

感情を動かされていませんか?
感動しちゃっていませんか?

感情を動かされた先に待っているのはキャッシュポイントです。
仲間から利益をあげるのっておかしいですよね。普通じゃないですよね。

それぞれ専門性を持った仲間とお互いを高め合い
楽しんでビジネスを行い、きっちり稼ぐ!

こんなのが理想ですし
僕のライフスタイルを形成している要素でもあります。

心を強くするには孤独を受け入れ
恐怖に打ち勝つ必要があるでしょう。

恐怖が谷だとすれば、
打ち勝つ先にあるのは山。頂きです。

恐怖を克服できなければ
いつまで経っても谷から脱出できないですからね。

自分が孤独だという現実を一度受け入れてしまえば
それが当たり前だと思えるので心は軽くなります、

まずそれを受け入れたうえで
助け合い、高め合える仲間を作る。

僕はそんな風に考えており、
またそんな仲間を常に募集してます。

沸騰アウトドア市場

東洋経済をペラペラ眺めていると
アウトドア市場が好調みたいですね。

残念なことに趣味であるスノーボード市場は右肩下がりでしたが・・

近年山ガールとか流行ってますし、
富士山の世界遺産登録なども背景にありそうですね。

本屋のスポーツコーナーに行くと
以前よりアウトドア系の雑誌が増えた気がします。

増えたというか表紙が今っぽくなったというか

アウトドアで使用する衣類などは
機能性に優れていて、かつ丈夫。で最近のデザインはお洒落。

手軽なウォーキングなどにも使え
見た目も良いので売れるんでしょうね。

僕もスノーボードする時にスキンズを身につけるようになって疲労度が変わりましたし。

また真夏の炎天下の下、普通の綿のTシャツだと
汗でビショビショになってしまい、なかなか乾かないですが
速乾性のあるものにすると、その快適さは歴然です。

釣りガールなどの言葉も流行ましたが
いまではあまり聞かなくなった気がしますね。

これにはトイレなどの施設整備の問題とか結構関係してそうです。

また釣りが好きというより、釣り具が好きという男性も多いと思う。
男性はコレクション癖が強い人が多いですからね。

子供の頃いじくりまわしてた、おもちゃ感覚なんですよね。たぶん

そこに大人になって経済力が出てきたので大人買いしてしまうと

埼玉県秩父市「千茶古」

埼玉県秩父市の喫茶店「千茶古」

o0640036212631977374

o0800141512631982192

十年以上前から存在は知っていましたが
先日行ってみたら雰囲気がすごく良かったので仕事に使ってみました。

店員さんに聞いてはないですが
無線LANは利用できないと思います。

僕はスマホでデザリングで対応してました。

あとこの喫茶店、別館で多目的ホールがあるみたいです。
ウェブサイト見ると定員28名、1日/2000円て書いてありました。

【店舗情報】
■店名:千茶古
■住所:埼玉県秩父市熊木町36-2
■電話番号:03-6439-6555
■営業時間:10:00~20:00
■定休日:20日
■URL:http://www.coffee-chaco.jp/


大きな地図で見る

責任感を持つ

Wi-FIの通った落ち着いたカフェ、
環境の整ったお洒落なシェアオフィス。

ノマドスタイルに憧れる人は多いと思います。

ノマドワーカーになるには
まず独立するという行動が必要ですが、
もうひとつ絶対に必要なのが責任感です。

責任を負いたくないという心理は僕も分かります。

独立後2年目にパニック障害になってしまったのも
全ての責任が自分にのしかかるプレッシャーが原因のひとつでしたし。

ですが独立するということは
全ての責任が自分にあって当然です。

その現実を受け入れ、早々に覚悟を決める必要があるわけです。

現実を受け入れ、
その壁を乗り越えてしまえば、以外に平気になるもんです。

僕の知人のプログラマーで
ノマドスタイルに憧れている方がいます。

営業もマーケティングも人任せ
もちろん責任も他人任せ、自分は手を動かすだけで
時間と場所に囚われず稼ぎたいという発想。

こういった考えの人間、
行動すれば一時はノマドワーカーとして働くことはできるでしょう。

ですが例え責任を負ってくれるパートナーと組んでいたとしても
絶対に長続きしないと断言できます。

だって責任感がないんだもん。と

理想と現実には常にギャップがあるもんです。

ノマドスタイルで仕事をしたいのであれば
全ては自分の責任だというマインドセットが必要です。

努力よりも正しい選択

『努力よりも正しい選択』

この言葉を聞いたとき、
自分の中ですごく納得しました。

 

例えば、スマートフォンの需要がこれだけある中、
ガラケーを必死で売ろうと考えるには無理があります。

魚のいない海で釣りをしていても、魚は釣れない。
足で稼いで、目で見て、魚影の多いエリアを探してから釣りをするほうが効率的です。

 

「努力はいつか報われる。」

こう信じて結果を出せないまま、
時間だけが経っていってしまうのはすごく残念ですよね。

「辞め時」を自分の中でジャッジし
最適なタイミングで辞めることは絶対的に必要だと思います。

 

無駄な努力で結果を出せないことをし続けるよりも
あなたが「勝てる場所」を探し、そこで努力することが正解でしょう。

 

僕自身も過去の失敗を振り返ると
まさに『努力よりも正しい選択』をしていれば良かったなと思うこともあります。

ですがこの言葉を聞いてから
ダメだな、合わないな、と思うことは
早々に撤退や変更という決断を下せるようになりました。
よっぽどこの言葉のインパクトが強かったのだと思います。

 

今現在自分のやっていることが本当に正しいことなのか?

少しでも思い当たることがあれば
「本当に正しい選択なのか?」を自問自答してみてください。

もっと良い方法が見つかったりしますからね。

自分自身に対して極上の質問をする

自分自身に対して極上の質問をし
問題を解決させることについて書いてみますね。

例えば今あなたの中に
「集客がうまくいっていない」
という悩みがあるとします。

ちなみに悩みは答えを見つけられれば、
8割解決できると言われています。

その答えを見つける方法として
自分自身に極上の質問をするということが非常に効果的です。

そしてこの「自分自身に質問をする」には
ちょっとしたコツがあります。

それは「ないものは探さない」、
「あるものを探す」質問をすることです。

例:ないものを探す質問
「なんで集客がうまくいかないのだろう?」

例:あるものを探す質問
「どうしたらもっと集客できるようになるだろう?」

このふたつの質問で、
出てくる答えを比べてみるとどうでしょうか?

「ないものを探す質問」の場合、
ネガティブな答えが出てきてしまいませんか?

例えば
・自分のやりかたが悪いのかなぁ
・客がこないのは景気が悪いからだよなぁ 等々

それを「あるものを探す質問」に変えてみると
・手書きのチラシでもいい。とにかく作って配ってみよう!
・アプローチや切り口を変えて試してみよう! 等々

「ないものを探す質問」では
答えが見つかっていないので行動できない状態。

ですが「あるものを探す質問」では
答えが出ているので行動できる状態になっていると思います。

ネガティブをポジティブに
と「思考」を変えることは難しいですが
「質問」変えることは簡単なのです。

質問を変えることで
ポジティブな感情を作り出す。

これに気づいた時は
まさに「目から鱗」状態でした 笑

読者のみなさまも是非試してみてください。

原宿にあるネスカフェにて、本日の打ち合わせ

本日はパートナーのディレクターさんと顔合わせでした。

場所は原宿にあるネスカフェ

o0640048012630192328

ここは天井が高くて解放的なので仕事もしやすいです。
ドリンクなどの価格も安めだし、席によっては電源完備。

ノマドワーカーにはおすすめです。

初顔合わせとは思えぬ、話の盛り上がりで楽しかったです。

その後は移動してビジネスホテルを予約した池袋へ
池袋パルコ横のルノアールで仕事。

ハチミツレモンスカッシュがお気に入り。

o0640048012630192329

その後夕食を済ませ、またカフェで仕事してホテルへ

翌日の朝はビジネスホテルでブログを書いて

o0640048012630192340

ホテルを出てすぐのベローチェで朝食&仕事

o0640048012630192327

その後もカフェで仕事して帰宅。