ウェブデザインの前にするべき4つの大切なコト

「まずはデザインイメージを見せてください。」

ウェブサイトの制作、リニューアルをお考えの方、またデザイン会社の方も含め「まずは会社やお店、ターゲットに合ったイメージをが見たい(見せたい)」という考えは間違いだと私は思います。

なぜか?というと発注側への十分なヒアリングを行い、話を詰め、それに伴い十分な設計をしなければ効果のあるウェブデザインにはなりません。

1、ヒアリング(お客様の事業・ターゲット・既存サイトの分析)

ウェブデザインに入る前に十分なヒアリングが必要なのは言うまでもありません。

デザインイメージなどはお客様のブランドイメージやターゲットをお聞きすれば、割とすぐにイメージできる場合が多いです。

イメージではなくウェブでなにがしたいのか?ここを重点的にヒアリングし、イメージの前にレイアウトを決定させます。

2、競合リサーチ

競合のリサーチは発注者側で、すでリサーチ済みということもあります。が、リストアップした競合のサイトにはないウェブサービスやコンテンツ、マーケティングなどを再リサーチすることは制作者側が必ず行わなければいけないことです。

競合をリサーチすることで業界の意外な盲点が探れることもあります。
その盲点を探し提案してあげることも大切です。

この競合リサーチにより、どのようなコンテンツにするのか?ウェブサービスを導入するのか?によりトップページに掲載するべきコンテンツ、動線、バナーのデザインなどが決定します。

3、企画・提案

ヒアリング、競合のリサーチを終えた後は、お客様のご要望を取り入れ企画・提案を行います。

もちろん予算の関係もあると思いますので十分な話し合いの基、ボリュームや仕様を決定させ工数を算出、お見積を提出します。

4、設計

発注者側の要望を聞き入れ、どのようなウェブサイトにするかが決まった後、非常に重要な部分となる設計を行います。

設計とはどのようなことか?

・情報の整理・設計
・ナビゲーションメニューの設計
・レイアウトの設計
・動線の設計
・コーディングに関する設計
・システムの設計

トップページのデザインイメージを作る前に実に色々な要素が必要です。上記に挙げた4つの要因を除いていきなりデザインイメージとなると、双方にとってマイナスな部分が多いのです。

理詰めで話を詰めていき、全ての設計を終えた段階でトップページのデザインを作り始めるほうが、すごく効率的で結果的によいモノが出来上がります。

健康管理と私

独立2年目にしてパニック障害になったことをきっかけに
健康について本気で考えるようになりました。

パニック障害の症状は酷かったですよ。
パニック障害の一番恐怖だったのが発作。

止められないネガティブな状態に陥り、
過呼吸になり「自分は死ぬんじゃないか?」と思うのです。

でも大丈夫なんです。発作があったからって死ぬわけじゃないんで
こうして今ブログ書いてるわけですから

実はそんな軽い問題なんですよね。

で、発作も嫌でしたがその他
・頭痛
・吐き気
・痺れ
・動悸
などもありましたかね。

自分みたいなポジティブな人間でもなるんだとビックリしましたわ。

ちなみにメンタルクリニックに通い
メイラックスという薬を飲んでいました。

まずはなぜパニック障害になったのか?と原因の追求から

・キャパオーバー
・人間関係
・お金の悩み etc

思いつくままリストを書き出しましたが
書き出したこと全てが重なってしまったことが原因。

ひとつにまとめられるものではなかった。

仕事よりも健康第一。
健康でなければなにもできないことに気づかされました。

仕事はしばらく休み、健康管理に力を入れようと

まずは生活習慣の改善。
いままで深夜問わず仕事をしていたし
朝起きるのも決まっておらず、昼まで寝ていることもあったり。

これを夜は10時に寝て朝5時に起きるように改善。
多少ズレこむこともありましたが、ほぼ実践。

日の出日の入りと、体内時計を合わせるように改善したのです。

また、これといった運動もしていなかったので
朝30分のストレッチと夜のウォーキングまたはジョギングを開始。

趣味の時間を多く取り、なるべく自然に触れるようにしました。

薬の効果もあったと思いますが、
こういった健康管理をするようになり症状は改善!

やはり生活習慣は大事だし
自分の身体を管理する重要性を知りました。

習慣化してしまえば努力は必要なくなります。
無理に努力しようとすると、それもまたストレスとなりますので
あくまで無理なく自然なかたちで、自分なりの生活習慣を身につけてみてください。

最後に精神的に病んでしまった場合の治療法として
病気になってしまったことを
ポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるか、
で治る治らないに大きく関係します。

自分は鬱病だから働けない・・
ではなく
早く鬱病なんてものから解放され、仕事に復帰してやる!

後者のように考えられる人間でないと
いつまで経っても病気なんて治りません。断言できます。

ネガティブになると病気になっている自分に甘えが出ます。
会社員であれば上司や同僚が気をつかってくれるでしょうから
甘えがでてしまい、なかなか治らない場合も多いとおもいます。

メンタルクリニックの先生も言っていましたが
ネガティブ思考をポジティブにするようにしてくださいと

いやいや、そんな簡単にできるわけないでしょ
と完治した僕が今でも思うわけです。

ではどうすればいいか?

まずは自分自身にこんな質問を投げかけてみる
「どうすれば鬱病をなおすことができるか?」

メンタルが弱まっている時
「なんで自分がこんな目に・・」「なんで自分はダメなんだろう・・」
こんな風に考えていてはダメですよ。

なんで・・というのは
ずっと答えが出ない言葉ですから。

上記で記した「どうすれば鬱病をなおすことができるか?」
というのはネガティブな思考をポジティブにしているわけではなく
自分自身への質問を変えてるだけ。簡単です。手軽です。

だって質問してるだけですからね。

その質問に対して、いくつか答えが思い浮かんでくるでしょう。

その中のひとつとして僕の場合「健康管理・生活習慣」
という答えがでたので、実践しただけですからね。

他にも
嫌な人間と仕事をしない
嫌な仕事はしない

などストレスにつながるやりたくないことをリストを挙げ
徹底的に改善していきました。

質問の答えを見つけて解いていくだけ。
病気を治すのって実はすごい簡単なことでした。

法人化と私

僕はサラリーマンを辞めて
約半年程フリーランス(個人事業主)として活動していました。

はじめての個人での仕事、サイトの修正で報酬2万円。
しかも2回も足を運び、「お金を稼ぐのって大変だなぁ・・」
もうそれしか思えなかったです。

ですが個人で仕事を請負っていく中で
当然調べることも多いですし、人から学ぶことも多い。

知識を貯めていく中で
「これっておかしいよね?」ということがたくさん出てきました。

料金設定の件は明らかに自分の問題。
ですが一番気に入らなかったのが、個人事業主だからとナメられることでした。

安く仕事をさせるために
わざわざ個人事業主を狙う人がいます。

そういった人は、できない仕事をやってもらっているという感謝がなく
外注を駒扱いしてきます。

駒扱いする人間というのは金払いも悪いし
文句が多く、エンドレスです。

こんなことをやるために独立したわけじゃない!

ナメられないためには法人化することが必須だと考えました。

ここでひとつ勘違いしないでいただきたいのが
法人化したからといって嘘をついて自分を大きく見せることは
後々マイナスとなったり、信用を失ったりと良いことないのでやめましょうね。

嫌な客を遠ざけるための嘘ならよいと思いますが。

そんなわけで法人化を決め
知り合いの司法書士にお願いして2008年に会社を設立。

資本金は手持ちの貯金200万円をあてました。

会社設立にかかった費用ですが、
詳しい費用は覚えてないのですが、
印鑑作成代などを含めて30万円くらいだったと思います。

いま思えば走っていたなぁと思います。
昼間はクライアントからの仕事をこなし
夜は集客用のウェブサイトの制作・改善、事務仕事etc

そんな合間を縫って会社設立の手続き。

おかげで法人化2年目でパニック障害になりましたから。

いまでは良い経験ですが、
二度とあんな目にはあいたくない。

そんな思いから悠々自適なライフワーク、
ライフスタイルを構築することに執着し続け、
現在それが現実となっています。

フリーター時代の私

僕は21歳から28歳までの間フリーターでした。
かなり長いです。

周囲が大学生活だ専門学校生活だ会社で正社員だという中、僕はフリーター。

工業高校を卒業した後、工場に就職したのだが、
趣味でやっていたスノーボードが楽しくなってしまい
もっと滑りたい、もっと上手くなりたい、もっと人生楽しみたいと会社を辞めたわけです。

別にプロを目指していたわけでもなく
周囲に迷惑をかけなければ自由に生きていいでしょ!

そんな感じでした。

フリーター時代には様々な職種を経験。
某ドリンクメーカーの配達、山師、販売員、ビジネスホテルフロント、レストラン、旅館、等々

学生時代のバイト歴なんかを含めるとかなりの業種を経験してます。
これにより様々なことを多角的に捉えるテクは身に付いたかもしれません。

ちなみに過去にフリーターだったことをまったく後悔してません。恥じてもません。
単に好きなことを自分なりにやり抜いたわけですから。

この頃僕は時間の不自由さに大きな不満を抱いていました。
僕の自由に生きたいことを妨げる、お金と時間の問題。

滑りに行く時間を確保したければ冬の間仕事をしない、
もしくはバイトを試行錯誤し、言い訳を作り、休みを取らなくてはいけない。

結果的に滑る時間は増えましたが、お金なんてたいして持ってないわけです。

あの頃にもっとインターネットや端末、環境が整っていれば
雪国に住みながら、ネット経由で仕事をし、昼間に滑ることができた・・
そう思うとちょっと悔しいですが。。

やりたいことが明確なフリーター、
やりたいことが見つからないフリーター、どちらも否定しません。

が、やりたいことが見つからないフリーターの方で
それを悩みとし、ふんずまりの生活を送っているのであれば
とりあえず「稼ぐ」ってことに注力してみたらいいと思います。

お金というツールは分かりやすいので多ければ多い程、単純に嬉しい。
お金があればやりたいことが見つかった時に投資できますし。

但し、ラクして稼ぐという考えはやめた方がよいと思います。
発想として、稼ぐ過程でどうすればもっとラクになるかを考えること。

元ニートで今富豪のすごい人が実際世の中にはいますからね。

一代で財を築けるような人は
基本的には当たり前のことを継続する力を持ち、
物事を他人よりももっともっと深く掘り下げて考えている。

いくら稼いだかというのは、その結果なのだと思います。

いまはさすがにフリーターから脱却してますけど
フリーター時代からの「好きなことだけやって自由に生きる」
これを死ぬまで貫き通しますよ。