競合リサーチから自社サイトのコンテンツを考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウェブサイトを新規で作るとき、リニューアルするとき発注者は何を求めているのか?何がしたいのか?を徹底的にヒアリングする必要があります。

とりあえずウェブサイトを作りたい、リニューアルさせたい・・。

そのように漠然とした目的の背景にあるのは、ウェブサイトで新規のお客様を呼び込みたい、問い合わせを増やしたい。

それらを深く掘り下げるとウェブサイトから売上げを上げたいがどうしてよいか分からない・・。と、制作会社に訴えかけており、良質な提案を求めているのです。

競合サイトにない情報・サービスをコンテンツとして掲載する

発注者の本当の目的を理解したうえで、制作側が取り組むことは競合リサーチです。

発注者へ競合を聞き出す作業。その他に制作側でもリサーチを行う作業。

競合サイトではどのようなコンテンツがあり、どのような情報を配信しているか?そこまでリサーチをします。

競合サイトの出していない情報を掲載する、顧客へのウェブを通じたサービスを取り入れる。そこまでを考えウェブサイトの企画を練り、デザイン案を考えます。

顧客の顧客へのサービスを提案する

競合サイトをリサーチした後はブランディング・イメージなどはもちろん考慮しますが、発注者の顧客(顧客の顧客)へウェブを通じてどのようなサービス・おもてなしができるかを考えます。

例えばリアルでのサービスとして会員特典などを行っているのであれば、ウェブ上でも会員登録の仕組みを作り、ウェブを通じたサービスを提供させます。

お得な情報をメールマガジンで流したり、会員限定のキャンペーンを行ったり。

それ以外にもウェブを通じたサービスというのはたくさん考えられます。私がお客様にご提案させていただく際、この顧客の顧客へのウェブを通じたサービスこれを考えご提案させていただいております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*