ウェブデザインの前にするべき4つの大切なコト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「まずはデザインイメージを見せてください。」

ウェブサイトの制作、リニューアルをお考えの方、またデザイン会社の方も含め「まずは会社やお店、ターゲットに合ったイメージをが見たい(見せたい)」という考えは間違いだと私は思います。

なぜか?というと発注側への十分なヒアリングを行い、話を詰め、それに伴い十分な設計をしなければ効果のあるウェブデザインにはなりません。

1、ヒアリング(お客様の事業・ターゲット・既存サイトの分析)

ウェブデザインに入る前に十分なヒアリングが必要なのは言うまでもありません。

デザインイメージなどはお客様のブランドイメージやターゲットをお聞きすれば、割とすぐにイメージできる場合が多いです。

イメージではなくウェブでなにがしたいのか?ここを重点的にヒアリングし、イメージの前にレイアウトを決定させます。

2、競合リサーチ

競合のリサーチは発注者側で、すでリサーチ済みということもあります。が、リストアップした競合のサイトにはないウェブサービスやコンテンツ、マーケティングなどを再リサーチすることは制作者側が必ず行わなければいけないことです。

競合をリサーチすることで業界の意外な盲点が探れることもあります。
その盲点を探し提案してあげることも大切です。

この競合リサーチにより、どのようなコンテンツにするのか?ウェブサービスを導入するのか?によりトップページに掲載するべきコンテンツ、動線、バナーのデザインなどが決定します。

3、企画・提案

ヒアリング、競合のリサーチを終えた後は、お客様のご要望を取り入れ企画・提案を行います。

もちろん予算の関係もあると思いますので十分な話し合いの基、ボリュームや仕様を決定させ工数を算出、お見積を提出します。

4、設計

発注者側の要望を聞き入れ、どのようなウェブサイトにするかが決まった後、非常に重要な部分となる設計を行います。

設計とはどのようなことか?

・情報の整理・設計
・ナビゲーションメニューの設計
・レイアウトの設計
・動線の設計
・コーディングに関する設計
・システムの設計

トップページのデザインイメージを作る前に実に色々な要素が必要です。上記に挙げた4つの要因を除いていきなりデザインイメージとなると、双方にとってマイナスな部分が多いのです。

理詰めで話を詰めていき、全ての設計を終えた段階でトップページのデザインを作り始めるほうが、すごく効率的で結果的によいモノが出来上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*